グループディスカッションで人事が見ている3つのポイント
コラム

ノウハウ・読み物

2018年01月04日更新
タイトルイメージ

グループディスカッションで人事が見ている3つのポイント

気になるを解除

気になる

気になるを解除

シェアする

はじめに

就活生にとって必ず経験することになるであろう、グループディスカッション。議論のテーマもその場にならなければわからないし、どのように対策したらいいのだろうと困っている方も多くいることと思います。

その場での対応力が必要となるグループディスカッションを突破するためには、採用担当者の着眼点を押さえておくことが大切です。今回は、採用担当者の立場から評価される3つのポイントを紹介します。

そもそもグループディスカッションは何のために行うのか?

グループディスカッションにおいて選考時に見落としがちな、普段のコミュニケーションの姿勢、ふとした瞬間に現れる素の部分を採用担当者は確かめたいと考えています。

なぜそうした普段の姿が見たいのでしょうか。それは、仕事をするということが日常になった時に本当に仕事で活躍をしてくれそうか、求められる姿に対してミスマッチを起こしていないか面接の時とは違った視点で判断をしたいからです。

背景には、面接時には十分な対策をし、どのように自分自身のことを伝えたら良いか就活生が【着飾った状態】で話をしていることが多いということが挙げられます。面接では見ることのできない普段のあなたの姿を確かめるべく、グループディスカッションの際にチェックをします。

3つの評価ポイントを押さえよう

では具体的に、どのようなポイントを以てグループディスカッションは評価をされるのでしょうか。
評価のポイントは大きく分けて、3つあります。

(1)考え方(達成意欲、前向きさ、チーム意識 等)

まず1つ目は考え方です。就職をし仕事を始めると、必ず仕事の成果を求められます。そのため、採用後にどのような姿勢や考え方で仕事に取り組んでくれそうか、ということは非常に重要なポイントなのです。

グループディスカッションにおいても、自ら達成に向けて懸命に取り組んでいるかどうか、議論が上手く進まなかったとしても最後まで諦めずに意見を出そうとしているか等の取り組み姿勢はまず最初に目をつける部分です。
また、自分の意見を主張するばかりでなく、チームで議論が活発になるように働きかける姿勢も大切です。

(2)コミュニケーション力

2つめはコミュニケーション力です。このキーワードに含まれる意味合いは大きくわけて2つあります。

1つは議論を活性化と、まとめるための働きかけができるかです。具体的にはリーダーシップを発揮し議論が進むような発言を行っているか、時間を意識しまわりに働きかけているか、意見を整理しまわりに共有しているかどうか等が特に評価をされるポイントです。

もう1つは議論をしやすい雰囲気づくりができているかです。例えば他のメンバーが話している時にうなずいたり、リアクションを示したりといった話しやすくなる振る舞いをしているか。また、意見に対して反対だと思っても、頭ごなしに否定をするのではなくちゃんと最後まで話を聞いているか等が、それにあたります。

聞く姿勢もコミュニケーション力であるということはしばしば忘れがちですが、仕事での姿をイメージするためのグループディスカッションにおいても、非常に大切なポイントとなります。

(3)思考力(論理的思考力、発想力)

最後に挙げられるのが、あなた自身の思考力です。
まず、論理的思考力があるかどうかは非常に重要です。具体的には、自分自身の意見をわかりやすくまわりに伝えるために結論から話せているか、事実と考えていることとを区別し明確に伝えられているか等 話し方や発言内容の整理が行えているかというポイントが第一に挙げられます。

また、議論を進めるにあたり、議題の意図を正しく汲み取り意見を出したり、グループの議論が意図から逸れた際に軌道修正をするような働きかけができるか等 物事の捉え方も判断軸になるでしょう。

そして、もう1つは発想力も重要な要素です。これは既存の意見に縛られずに様々な視点から意見を出したり、議論が進むような情報・知識を発言し共有できているか等 普段のインプットの姿勢についても垣間見ることのできる、個人の思考力を発揮する絶好のポイントと言えます。

ポイントを押さえて、自らの力を発揮しよう

いかがでしたか? グループディスカッションには、【こう答えたら合格!】、【この役割だけやれば合格!】といった正解が、実はありません

irootsとは

※iroots searchは、irootsが提供するサービスです

掲載企業はirootsとは一切関連がございませんので、ご注意ください

iroots(アイルーツ)は、あなたの意思をカタチにするファーストキャリア支援サービスです
--
※本サイトに掲載している企業は、iroots利用企業とは一切関連がございませんのでご注意ください。また、掲載情報は、各企業のコーポレートサイト等広く一般的に周知がなされている事項に加え、就活生から得た情報を元に、当社学生ライターが中心に独自にコンテンツ化したものです。
内容については細心の注意を払っておりますが、ご利用に際しては、閲覧者各人の責任のもとにこれをご活用いただけますようお願い申し上げます。
あなたへのオススメ企業
タイトルイメージ
お気に入り

金融

日本生命保険相互会社
業界のリーディングカンパニーとして、相互扶助の精神に基づき挑戦を続ける日本生命保険。初任給や平均年収などの基本情報をはじめ、生命保険業界でのシェアや競合との比較、選考フローや過去のES・面接などの採用情報をまとめた企業研究記事です。
タイトルイメージ
お気に入り

サービス・インフラ

株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント
徹底的に個性の豊かさと好奇心重んじる風土で人気のソニー・ミュージックエンタテイメント。初任給や平均年収などの基本情報をはじめ、音楽業界でのシェアや競合との比較、選考フローや過去のES・面接などの採用情報をまとめた企業研究記事です。
タイトルイメージ
お気に入り

サービス・インフラ

東日本旅客鉄道株式会社
2020年の東京オリンピックに向け、日本が誇る技術力、おもてなしを見せるJR東日本。初任給や平均年収などの基本情報をはじめ鉄道業界でのシェアや競合との比較、選考フローや過去のES・面接などの採用情報をまとめた企業研究記事です。
タイトルイメージ
お気に入り

メーカー

プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社
世界中の顧客の信頼に応えて、より優れた品質と価値をもつ製品とサービスを提供するP&G Japan。初任給や平均年収などの基本情報をはじめ、家庭用品業界でのシェアや競合との比較、選考フローや過去のES・面接などの採用情報をまとめた企業研究記事です。
タイトルイメージ
お気に入り

{{article.title_chip}}

人気記事

NEW

{{article.title_ls|limitTo:30}}...
{{article.description|limitTo:50}}...
あなたへのオススメ業界
タイトルイメージ
お気に入り

流通

商社業界の概要・職種・魅力・動向 | 業界研究記事
商社業界に興味を持つ方必見の業界研究記事。事業内容や業界特有の職種などの業界概要をはじめ、やりがいや魅力、業界動向などについて解説します。商社といえば、就職先人気企業ランキング(文系・男子)において、住友商事・三菱商事・伊藤忠商事がTOP3を占めるなど、非常に人気の業界です。「平均年収ランキング(平成24-25年版)」においても、2位のテレビ業界(976万円)と200万円以上の差をつけて1位に輝きました(1187万円)。商社は、多様な製品を取り扱う総合商社と、特定の分野に特化した専門商社に分かれており、主な事業は「流通」「投資」の2つです。
タイトルイメージ
お気に入り

{{article.title_chip}}

人気記事

NEW

{{article.title_ls|limitTo:30}}...
{{article.description|limitTo:50}}...
  • {{college.name}}

{{my.name}}

{{my.college_name}}

気になる登録数:{{my.bookmark_num}}記事

よく見ている業界:{{my.industry_name}}

よく見ている職種:{{my.job_name}}

  • お知らせ
  • {{my.badge}}

  • メニュー

{{announce}}

>>パスワードを忘れた方はこちら

アカウントをお持ちでない方

irootsに登録すると全ての記事を
読むことができます。
※iroots searchはirootsが提供するサービスです。
掲載企業はirootsとは一切関連がございませんので、
ご注意ください。

iroots(アイルーツ)は、あなたの意思をカタチにするファーストキャリア支援サービスです

登録する
ログイン

※iroots searchは、irootsが提供するサービスです

掲載企業はirootsとは一切関連がございませんので、

ご注意ください