自己分析を見直す3つのキーワード
コラム

ノウハウ・読み物

2015年08月11日更新
タイトルイメージ

自己分析を見直す3つのキーワード

気になるを解除

気になる

気になるを解除

シェアする

はじめに

就職活動のはじめの一歩として、まず自己分析から始めたという人は非常に多いのではないでしょうか。それと同時に何をどのように分析して良いのか、面接が進むに連れて具体的に自分のことをどのように伝えて良いのかなど、自己分析について悩みをもつことも多く見受けられます。

一番大切なのは、企業との接点を意識した自己分析です。
自己分析の目的は、企業に自分をどのようにアピールするかや、企業と自分自身の相性を測るためであり、【対 企業】という軸なくして本来自己分析は成立しません。

それでは具体的にどのようなポイントに焦点を当てるべきか、今回は自己分析を見直す3つのキーワードをご紹介します。

自分はどんなことに挑戦したいか(Will)

1つめは自分がどんなことに挑戦したいかというポイントです。これは企業に対する志望動機も含まれます。

・誰に対して役立つ仕事をしてみたいか
・具体的にどのような仕事内容にチャレンジしてみたいか
・どのようなものを扱う仕事をしてみたいか
・社風や職種などを踏まえ、どのような働き方をしたいか(ワークスタイル)
・どのような社会人になって働きたいか(考え方)

など、仕事の内容に限らずそれに関連するワークスタイルや考え方という切り口もどんなことに挑戦したいかという観点に含まれるでしょう。

加えて、ここで大切なのが、なぜその仕事に挑戦してみたいかという背景や根拠です。
学生時代の経験や、培った考え方、場合によっては就職活動を通して得た気持ちなどでも大丈夫です。このポイントをしっかりと深堀、整理をし、自分の言葉で語れるようになると選考の中でも自然に会話が進むようになるはずです。

自分は何ができるか(CAN)

2つめは、自分に何ができるのかというポイントです。

・学生時代に培った経験からどのような姿勢で仕事に取り組めるか
・仲間とどのように協力して仕事を進められそうか
・わからないことに対してどのように対処できるか
・失敗した時にどのように対処できるか
・成功体験を次にどう活かすか

といったポイントが挙げられます。このポイントで大切なことは具体性と根拠です。実体験に基づいて自分自身がどのような人柄で、どのように仕事に取り組めそうか、といった点を整理してみましょう。

また、専門学科で学んできてスキルが評価に直結する一部の例外を除けば、新卒採用はまだ就業経験のない学生をポテンシャルで見て採用する仕組みなので、必ずしも現在のスキルだけで評価はされません。

そのため、この自分は何ができるか(CAN)というポイントについては【どのようなマインドで取り組めるか。】という視点が非常に重要であることを同時に意識して、自己分析を進めてみてください。

自分は何をすべきか、何を求められるか(MUST)

3つめのポイントは、自分は何をすべきか、何を求められるか(MUST)です。実は、このポイントが自己分析で抜け落ちていることが非常に多いの

irootsとは

※iroots searchは、irootsが提供するサービスです

掲載企業はirootsとは一切関連がございませんので、ご注意ください

iroots(アイルーツ)は、あなたの意思をカタチにするファーストキャリア支援サービスです
--
※本サイトに掲載している企業は、iroots利用企業とは一切関連がございませんのでご注意ください。また、掲載情報は、各企業のコーポレートサイト等広く一般的に周知がなされている事項に加え、就活生から得た情報を元に、当社学生ライターが中心に独自にコンテンツ化したものです。
内容については細心の注意を払っておりますが、ご利用に際しては、閲覧者各人の責任のもとにこれをご活用いただけますようお願い申し上げます。
あなたへのオススメ企業
タイトルイメージ
お気に入り

メーカー

カルビー株式会社
ポテトチップス、フルグラで有名なカルビー。初任給や平均年収などの基本情報をはじめ、食品業界でのシェアや競合との比較、選考フローや過去のES・面接などの採用情報をまとめた企業研究記事です。ESや面接への対策ポイントを徹底的に解説します!
タイトルイメージ
お気に入り

マスコミ

集英社の企業研究(会社概要・採用情報)
出版業界の大手企業として注目されている集英社。初任給や平均年収などの基本情報をはじめ、出版業界でのシェアや競合との比較、選考フローや過去のES・面接などの採用情報をまとめた企業研究記事です。ESや面接への対策ポイントを徹底的に解説します!
タイトルイメージ
お気に入り

サービス・インフラ

任天堂株式会社
ゲームで有名な任天堂。初任給や平均年収などの基本情報をはじめ、ゲーム業界でのシェアや競合との比較、選考フローや過去のES・面接などの採用情報をまとめた企業研究記事です。ESや面接への対策ポイントを徹底的に解説します!
タイトルイメージ
お気に入り

メーカー

パナソニック株式会社
日本を代表する企業の1つパナソニック。初任給や平均年収などの基本情報をはじめ、電機メーカー業界でのシェアや競合との比較、選考フローや過去のES・面接などの採用情報をまとめた企業研究記事です。ESや面接への対策ポイントを徹底的に解説します!
タイトルイメージ
お気に入り

{{article.title_chip}}

人気記事

NEW

{{article.title_ls|limitTo:30}}...
{{article.description|limitTo:50}}...
あなたへのオススメ業界
タイトルイメージ
お気に入り

営業職

営業職(法人向け新規開拓営業)業界の概要・職種・魅力・動向 | 業界研究記事
営業職(法人向け新規開拓営業)に興味を持つ方必見の職種研究記事。企業の営業部に属して、別の企業に自社の商品やサービスを利用・購入してもらえるように活動するのが法人向け新規開拓営業です。まず営業対象の企業情報を調査・収集した上で、電話で担当者にアポイントを取る場合と、最初から直接訪問する場合があります。アポイントをとった場合は、予定日時に直接先方に出向いて担当者と面会し、商品や無形のサービスなどの紹介・プレゼンテーションを行います。業務内容や活躍できる業界に加え、働く人々が感じているやりがいや求められるスキルについて解説します。具体的な仕事のイメージを持ちましょう!
タイトルイメージ
お気に入り

WEB職

WEB職(プロデューサー)業界の概要・職種・魅力・動向 | 業界研究記事
WEB職(プロデューサー)に興味を持つ方必見の職種研究記事。WEBのプロデューサーとは、自分自身が担当するWEBサイトを企画から制作などを行い、その後の運営までを行う仕事のことを言います。WEBならではのルーティン業務があり、WEBがきちんと機能しているかなどのチェックを行うなど、日々コツコツと作業を行う面もあります。業務内容や活躍できる業界に加え、働く人々が感じているやりがいや求められるスキルについて解説します。具体的な仕事のイメージを持ちましょう!
タイトルイメージ
お気に入り

サービス・インフラ

旅行業界の「これだけは押さえておくべき」最低限の知識│就活研究記事
旅行・ホテル業界に興味を持つ方必見の業界研究記事。事業内容や業界特有の職種などの業界概要をはじめ、やりがいや魅力、業界動向などについて解説します。。業界理解を深めて、内定を勝ち取りましょう!
タイトルイメージ
お気に入り

金融

銀行業界の概要・職種・魅力・動向 | 業界研究記事
銀行業界に興味を持つ方必見の業界研究記事。事業内容や業界特有の職種などの業界概要をはじめ、やりがいや魅力、業界動向などについて解説します。。業界理解を深めて、内定を勝ち取りましょう!
タイトルイメージ
お気に入り

{{article.title_chip}}

人気記事

NEW

{{article.title_ls|limitTo:30}}...
{{article.description|limitTo:50}}...
  • {{college.name}}

{{my.name}}

{{my.college_name}}

気になる登録数:{{my.bookmark_num}}記事

よく見ている業界:{{my.industry_name}}

よく見ている職種:{{my.job_name}}

  • お知らせ
  • {{my.badge}}

  • メニュー

{{announce}}

>>パスワードを忘れた方はこちら

アカウントをお持ちでない方

irootsに登録すると全ての記事を
読むことができます。
※iroots searchはirootsが提供するサービスです。
掲載企業はirootsとは一切関連がございませんので、
ご注意ください。

iroots(アイルーツ)は、あなたの意思をカタチにするファーストキャリア支援サービスです

登録する
ログイン

※iroots searchは、irootsが提供するサービスです

掲載企業はirootsとは一切関連がございませんので、

ご注意ください