JFEスチールの企業研究
企業

メーカー

2015年06月04日更新
タイトルイメージ

JFEスチールの企業研究

JFE Steel Corporation

気になるを解除

気になる

気になるを解除

シェアする

はじめに

今回ご紹介するのは、2003年に、川崎製鉄と日本鋼管 が統合して発足した大手鉄鋼メーカーで、粗鋼生産量において、日本国内では第2位、世界では第5位の規模を持つことで有名なJFEスチール。

この記事を読んでいる方の中には、JFEスチールへの就職を目指している学生もいらっしゃるかもしれません。面接で問われた時に、「なぜこの会社なのか?」をしっかりと語れるように、この記事では、以下の3つの項目から企業研究を行っていきます。

(1)会社概要 (2)「企業」を知る (3)「採用情報」を知る

他のライバルとの差を付けるためにも、この記事を読んでしっかりと企業研究をしていきましょう。

会社概要(平成27年6月4日現在)

商号JFEスチール株式会社
(JFE Steel Corporation)
発足平成15年4月1日
代表者代表取締役社長 柿木 厚司
従業員数42,481(平成26年3月末現在)
本社東京都千代田区内幸町二丁目2番3号
売上高26,916億2,200万円(平成26年3月期)
一人当たり売上高6,336万円(平成26年3月期)
営業利益1,084億6,500万円(平成26年3月期)
初任給200,300円(平成26年4月実績)
平均年収658万円(平成23年4月実績)

「企業」を知る。志望理由でライバルとの差を付けよう!

ここでは、JFEスチールの経営理念や同じ鉄鋼業界に属する競合会社との比較、最近のニュースなどを通じて、「数ある鉄鋼会社の中で、なぜJFEスチールなのか?」という質問への対策を考えましょう。


JFEスチールについて深く知るために、まずはJFEスチールの経営理念を確認しましょう。そこからJFEスチールが求める人材が見えてくるはずです。企業が求める人材を知ることで、あなたが何をアピールすべきかが分かります。

JFEスチールの企業理念は、以下の通り。
『常に世界最高の技術をもって社会に貢献』
(JFEスチールホームページより引用)


ここから分かるポイントは、独自性や機能性の高い基礎素材としての鉄の開発、地球環境や安全・安心など社会のニーズに答える技術開発や商品開発に尽力の2点。
つまり、人材育成と技能継承を着実に進め、良質な鉄をつくり続けること、そしてすべてのステークホルダーのニーズに応えた最高の技術開発及び商品開発を推し進めることで社会に貢献し続けて行くということです。br>
ですから、経営理念に共感した上で、みなさんがアピールすべきなのは以下の4点です。
  • 常に新しいものに挑戦する意欲
  • ニーズに応える柔軟性
  • 人間としての誠実さ
  • 社会環境への配慮

次に、鉄鋼業界におけるJFEスチールと競合会社と比較してみましょう。
JFEスチールの競合といえば、株式会社神戸製鋼所が挙げられます。
JFEスチールと神戸製鋼所はどのように違うのでしょうか。

神戸製鋼所の売上高は18,246億9,800万円でJFEスチールより8,669億2400万円低いのですが、その一方営業利益は1,145億4,800万円と1,084億円6,500万円のJFEスチールと比べると60億8,300万円も高くなっています。神戸製鋼所の営業利益率は6.3%、JFEスチールのそれは4.03%と、2.27%も神戸製鋼所が高くなっています。

2014年4月24日に開示した2013年度決算はJFEスチールの単独粗鋼生産量は2867万トンと、前年度比2.5%増にとどまっています。日本全体で見ると、2013年度の国内粗鋼生産量は1.1億トンと前年度比で3.9%増えています。ライバルの神戸製鋼所が同8.6%増と、自動車や建設向けの鉄鋼需要増を満喫したのに比べると、JFEは伸び悩んだ感が否めません。背景にあるのが、従業員の年齢構成や設備の老朽化対策が十分になされなかったという事実です。しかし、2015年2月に社長が交代し、心機一転を図ったJFEスチールは、今後その弱点を克服すべく、未来に向かって新しい一歩を踏み出しました。そういう企業で力を発揮するのも面白い選択かもしれません。


また、近年の業界トレンドも見ておきましょう。
鉄鋼業界の平成25-26年の業界規模(主要対象企業52社の売上高計)は16兆1,282億円となっています。平成19年から20年までは増加傾向、20年から21年には世界同時不況の影響を受けて大幅に減少し横ばいで推移。平成25年に入り、円安を背景に建設需要の活況、世界的な自動車需要の増加により業績は回復し、鉄鋼業界に明るい兆しが見え始めた結果、再び増加に転じています。こうした中、世界的な大型再編が相次ぎ、国内でも平成24年10月に、最大手の新日本製鉄が3位の住友金属工業を吸収合併して世界第二の鉄鋼会社『新日鉄住金』が発足しました。また同年10月には日新製鋼が日本金属工業と経営統合を果たしています。近年の鉄鋼業界は、不採算事業の統廃合やプラントの停止、企業買収を積極的に行っています。今後も再編は続くと見られ、スケールメリットが優先される鉄鋼業界の動向に注目が集まっています。

「採用情報」を知る。過去の選考をチェックしよう!

ここまでJFEスチールについての様々な情報を見てきましたが、最後は同社の過去の採用情報を知り、早めの対策準備を行っていきましょう。

irootsとは

※iroots searchは、irootsが提供するサービスです

掲載企業はirootsとは一切関連がございませんので、ご注意ください

iroots(アイルーツ)は、あなたの意思をカタチにするファーストキャリア支援サービスです
・JFEスチール, http://www.jfe-steel.co.jp/ ,2015年5月DL.
・JFEスチール>会社概要>経営者のご挨拶,h http://www.jfe-steel.co.jp/company/ceo.html ,2015年5月DL.
・経営トップも危機感を抱くJFEの手詰まり 企業戦略 東洋経済オンライン 新世代リーダーのためのビジネスサイト, http://toyokeizai.net/articles/-/37032 ,2014年5月DL.
・鉄鋼業界の動向・ランキングなどを研究-業界動向サーチ, http://gyokai-search.com/3-tetu.htm,2014年6月DL.
・JFEスチールの面接・選考 - 企業研究のやり方【ポイント】,http://kigyokenkyu.blog.fc2.com/blog-entry-68.html ,2015年3月DL.
・KOBELCO 神戸製鋼,http://www.kobelco.co.jp/ ,2015年6月DL.
・JFEスチール 年収:658万円-年収ラボ,http://nensyu-labo.com/kigyou_jfe_steel.htm ,2015年3月DL.
※本サイトに掲載している企業は、iroots利用企業とは一切関連がございませんのでご注意ください。また、掲載情報は、各企業のコーポレートサイト等広く一般的に周知がなされている事項に加え、就活生から得た情報を元に、当社学生ライターが中心に独自にコンテンツ化したものです。
内容については細心の注意を払っておりますが、ご利用に際しては、閲覧者各人の責任のもとにこれをご活用いただけますようお願い申し上げます。
あなたへのオススメ企業
タイトルイメージ
お気に入り

メーカー

富士重工業株式会社
趣味性が高くスバルの熱狂的なファンをターゲットにした車づくりをする戦略を展開する富士重工業。初任給や平均年収などの基本情報をはじめ、自動車業界でのシェアや競合との比較、選考フローや過去のES・面接などの採用情報をまとめた企業研究記事です。
タイトルイメージ
お気に入り

メーカー

株式会社小松製作所
建設機械業界シェア1位を誇り、最新版「新・企業力ランキング」8位に輝いたコマツ。初任給や平均年収などの基本情報をはじめ、建設機械業界でのシェアや競合との比較、選考フローや過去のES・面接などの採用情報をまとめた企業研究記事です。
タイトルイメージ
お気に入り

メーカー

信越化学工業株式会社
塩ビ、レア・アースマグネットなど、主要事業において世界1位のシェアを有する信越化学工業。初任給や平均年収などの基本情報をはじめ、化学業界でのシェアや競合との比較、選考フローや過去のES・面接などの採用情報をまとめた企業研究記事です。
タイトルイメージ
お気に入り

その他(メーカー)

三菱重工業株式会社の戦略・強み・弱み・競合他社情報│企業研究記事
重工業業界の三菱重工業株式会社に関して戦略・強み・弱み・競合他社情報について就職活動の観点から企業研究しました。国内重工業業界大手の一角で、火力発電所、 製鉄機械、ロケットからエアコンなど、数多くの製品を手掛けています。フォークリフト・製鉄機械・化学プラント・商船などを中心とする事業に強みがあり、売上高の5割以上が北米やアジアを始めとした海外市場に。競合として、川崎重工業が挙げられます。
タイトルイメージ
お気に入り

{{article.title_chip}}

人気記事

NEW

{{article.title_ls|limitTo:30}}...
{{article.description|limitTo:50}}...
あなたへのオススメ業界
タイトルイメージ
お気に入り

メーカー

機械業界の概要・職種・魅力・動向 | 業界研究記事
機械業界に興味を持つ方必見の業界研究記事。事業内容や業界特有の職種などの業界概要をはじめ、やりがいや魅力、業界動向などについて解説します。「業界ランキング」では、業界規模が10位、高収益が38位、総資産額が15位、経常利益が8位、労働者数が4位、勤続年数が36位、平均年収が49位と、ほぼすべてにおいてランクインしており、もの作りの面白さを実感できる、やりがいのある業界です。業界理解を深めて、内定を勝ち取りましょう!
タイトルイメージ
お気に入り

メーカー

自動車業界を目指す就活生なら「押さえておくべき」最低限の知識│就活研究記事
学生からの注目度が高い業界のひとつ、自動車業界について解説していきます。環境規制が強化される中、IT関連をはじめとした様々な業種・規模の会社が市場に参入してくるなど、次世代の自動車市場に向けた競争が激化する大きな変革期にあります。業界の現状や話題の自動運転技術、世界トップクラスのインターンなど就活に役立つ役立つ情報をご紹介。
タイトルイメージ
お気に入り

メーカー

鉄鋼業界の「これだけは押さえておくべき」最低限の知識│就活研究記事
鉄鋼業界の物資の流れや各ステップごとの企業の動き、鉄鋼ならではの仕事内容など業界で働くにあたって知っておきたいことはもちろん、鉄鋼業界がかかえる課題や動向予想、日本が編み出した注目の革新的技術など周りと差をつけるための材料も取り揃えています!
タイトルイメージ
お気に入り

メーカー

電機・電子部品・半導体業界の概要・職種・魅力・動向 | 業界研究記事
電機・電子部品・半導体業界に興味を持つ方必見の業界研究記事。事業内容や業界特有の職種などの業界概要をはじめ、やりがいや魅力、業界動向などについて解説します。。業界理解を深めて、内定を勝ち取りましょう!
タイトルイメージ
お気に入り

{{article.title_chip}}

人気記事

NEW

{{article.title_ls|limitTo:30}}...
{{article.description|limitTo:50}}...
  • {{college.name}}

{{my.name}}

{{my.college_name}}

気になる登録数:{{my.bookmark_num}}記事

よく見ている業界:{{my.industry_name}}

よく見ている職種:{{my.job_name}}

  • お知らせ
  • {{my.badge}}

  • メニュー

{{announce}}

>>パスワードを忘れた方はこちら

アカウントをお持ちでない方

irootsに登録すると全ての記事を
読むことができます。
※iroots searchはirootsが提供するサービスです。
掲載企業はirootsとは一切関連がございませんので、
ご注意ください。

iroots(アイルーツ)は、あなたの意思をカタチにするファーストキャリア支援サービスです

登録する
ログイン

※iroots searchは、irootsが提供するサービスです

掲載企業はirootsとは一切関連がございませんので、

ご注意ください