日本軽金属の企業研究
企業

メーカー

2015年06月08日更新
タイトルイメージ

日本軽金属の企業研究

Nippon Light Metal Company, Ltd

気になるを解除

気になる

気になるを解除

シェアする

はじめに

今回ご紹介するのは、日本で唯一アルミニウムの精錬工場を国内に持ち、アルミニウムの加工品の他、製錬過程で発生する酸化アルミニウム(アルミナ)や水酸化アルミニウムなどの化成品の製造を行っていることで有名な日本軽金属。

この記事を読んでいる方の中には、日本軽金属への就職を目指している学生もいらっしゃるかもしれません。面接で問われた時に、「なぜこの会社なのか?」をしっかりと語れるように、この記事では、以下の3つの項目から企業研究を行っていきます。

(1)会社概要 (2)「企業」を知る (3)「採用情報」を知る

他のライバルとの差を付けるためにも、この記事を読んでしっかりと企業研究をしていきましょう。

会社概要(平成27年6月7日現在)

商号日本軽金属株式会社
(Nippon Light Metal Company, Ltd)
発足昭和14年3月30日
代表者代表取締役社長 岡本 一郎
従業員数1,886人(平成27年3月末現在)
本社東京都品川区東品川2丁目2番20号
売上高4,028億2,900万円(日本軽金属グループ)(平成26年3月期)
一人当たり売上高3,859万円(日本軽金属グループ)(平成26年3月期)
営業利益126億1,700万円(日本軽金属グループ)(平成26年3月期)
初任給210,000円以上(平成27年4月予定)
平均年収512万円(平成23年4月実績)

「企業」を知る。志望理由でライバルとの差を付けよう!

ここでは、日本軽金属の経営理念や同じ非鉄金属業界に属する競合会社との比較、最近のニュースなどを通じて、「数ある非鉄金属会社の中で、なぜ日本軽金属なのか?」という質問への対策を考えましょう。


日本軽金属について深く知るために、まずは日本軽金属の経営理念を確認しましょう。そこから日本軽金属が求める人材が見えてくるはずです。企業が求める人材を知ることで、あなたが何をアピールすべきかが分かります。

日本軽金属の企業理念は、以下の通り。
『社員には楽しさを、お客様には感動を、株主には喜びを、地球には優しさを』
(日本軽金属ホームページより引用)


ここから分かるポイントは、アルミとアルミ関連素材の用途開発を永遠に続けることによりステークホルダーに貢献、人々の暮らしの向上と地球環境の保護に貢献の2点。
つまり、アルミニウムに関する総合的な技術蓄積を活かし、収益力の高い事業構造を構築するとともに、事業活動を通じて広く社会に貢献し、企業価値の向上を図りながら、地球環境にも細かく配慮するということです。

ですから、経営理念に共感した上で、みなさんがアピールすべきなのは以下の4点です。
  • 先進的・創造的な技術開発に向けた意欲
  • 自分の能力をのびのびと発揮
  • グループ内連結に於ける柔軟性
  • 社会環境への配慮

次に、非鉄金属業界における日本軽金属と競合会社と比較してみましょう。
日本軽金属の競合といえば、三井金属鉱業が挙げられます。
日本軽金属と三井金属鉱業はどのように違うのでしょうか。

三井金属鉱業の連結売上高は4,410億4,600万円で日本軽金属より382億1,700万円多く、営業利益もまた257億4,300万円と126億円1,700万円の日本軽金属と比べると131億2,600万円も高くなっています。三井金属鉱業の営業利益率は5.8%、日本軽金属のそれは3.1%と、2.7%も三井金属鉱業の営業利益率が高い数字を示しています。

三井金属鉱業は電解銅箔事業で、現在極薄銅箔や高周波信号の伝送用銅箔、携帯電話のマザー基板向け銅箔、FPC向け銅箔など高付加価値分野が売上高に占める構成比率は約8割を占めています。今後その比率をさらに拡大し、加えて高付加価値分野の中でも、改良し特性を高めた高機能な銅箔を積極的に投入し競争力の強化を図る考えです。

一方、公共事業関連の主要銘柄である建設や土木、鉄鋼の関連素材として、セメントや非鉄、セラミックスといったメーカーの値動きが活発になり、トヨタ自動車やニコンといった「輸出関連株」と並び、業績拡大の期待が高まっています。その結果、株価が急激に上昇しているのが太平洋セメント、日本軽金属工業、三菱マテリアルなどです。これを追い風に、日本軽金属工業の事業拡大が期待されているのです。

一方、かつての名門企業である日本軽金属は、年配者が多く、考え方が古くて、変化を好まないとの風潮が見られます。そんな中にフレッシュな新入社員が飛び込んで、社内改革に一石を投じるのも面白い選択かもしれません。


また、近年の業界トレンドも見ておきましょう。
非鉄金属業界の平成25-26年の業界規模(主要対象企業52社の売上高合計)は16兆1,282億円となっています。
非鉄金属業界の過去の推移を見ますと、平成19年から21年までは減少しましたが、平成21年から24年までは横ばいで推移し、平成25年には若干の増加に転じています。
平成19年まで地金や亜鉛、ニッケル相場の高騰と自動車向けなど旺盛な非鉄金属需要で順調に業績を伸ばしてきましたが、平成20年に入り、資源価格が高騰、さらに20年後半には金融危機の影響で電子機器、自動車関連部品の需要が減少しただけでなく、銅・アルミ地金相場の急落も加わり、業績は一気に悪化しました。さらに平成21年には円高の影響も加わり、業界全体で大きな落ち込みを見せました。平成22年以降も若干の業績回復は見られましたが、欧州や中国など先進諸国の需要低迷も影響し、横ばい状態が続きました。しかし、平成25年に入り海外市場の自動車関連需要がけん引し、若干の増加に転じ、ようやく明るい兆しが見え始めました。

「採用情報」を知る。過去の選考をチェックしよう!

ここまで日本軽金属についての様々な情報を見てきましたが、最後は同社の過去の採用情報を知り、早めの対策準備を行っていきましょう。

irootsとは

※iroots searchは、irootsが提供するサービスです

掲載企業はirootsとは一切関連がございませんので、ご注意ください

iroots(アイルーツ)は、あなたの意思をカタチにするファーストキャリア支援サービスです
・アルミのことなら日軽金|日本軽金属株式会社, http://www.nikkeikin.co.jp/company/index.html / ,2015年5月DL.
・日本軽金属 - Wikipedia, http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%BB%BD%E9%87%91%E5%B1%9E ,2015年1月DL.
・日本軽金属株式会社 転職・就活に役立つ情報 キャリコネ, http://careerconnection.jp/review/58-overview.html ,2015年5月DL.
・日本軽金属グループ(日本軽金属株式会社・日軽金アクト株式会社・日軽情報システム株式会社)の採用スケジュール、採用人数、給与など|リクナビ2016|学生のための就職情報サイト, https://job.rikunabi.com/2016/company/employ/r996500096/,2015年5月DL.
・非鉄金属業界の現状、動向、ランキングなど-業界動向サーチ, http://gyokai-search.com/3-hitetu.html ,2015年5月DL.
・三井金属鉱業 (5706) 株価-予想・目標株価 [三井金] - みんなの株式 (みんかぶ),http://minkabu.jp/stock/5706,2015年6月DL.
・三井金属 日本軽金属  - Google 検索, http://minkabu.jp/stock/5706,2015年6月DL.
・非鉄金属業界の現状、動向、ランキングなど-業界動向サーチ, http://gyokai-search.com/3-hitetu.html ,2015年5月DL.
※本サイトに掲載している企業は、iroots利用企業とは一切関連がございませんのでご注意ください。また、掲載情報は、各企業のコーポレートサイト等広く一般的に周知がなされている事項に加え、就活生から得た情報を元に、当社学生ライターが中心に独自にコンテンツ化したものです。
内容については細心の注意を払っておりますが、ご利用に際しては、閲覧者各人の責任のもとにこれをご活用いただけますようお願い申し上げます。
あなたへのオススメ企業
タイトルイメージ
お気に入り

メーカー

株式会社サタケ
食品加工機器で世界トップの座を誇るサタケ。初任給や平均年収などの基本情報をはじめ、食品加工業界でのシェアや競合との比較、選考フローや過去のES・面接などの採用情報をまとめた企業研究記事です。ESや面接への対策ポイントを徹底的に解説します!
タイトルイメージ
お気に入り

メーカー

株式会社オーク製作所
光源製造販売メーカーで有名な株式会社オーク製作所。初任給や平均年収などの基本情報をはじめ、電機業界でのシェアや競合との比較、選考フローや過去のES・面接などの採用情報をまとめた企業研究記事です。ESや面接への対策ポイントを徹底的に解説します!
タイトルイメージ
お気に入り

流通

浅井産業株式会社
高付加価値の製品を扱う専門商社、浅井産業。初任給や平均年収などの基本情報をはじめ、専門商社業界でのシェアや競合との比較、選考フローや過去のES・面接などの採用情報をまとめた企業研究記事です。ESや面接への対策ポイントを徹底的に解説します!
タイトルイメージ
お気に入り

その他(メーカー)

日本精工株式会社の戦略・強み・弱み・競合他社情報│企業研究記事
ベアリング業界の日本精工株式会社に関して戦略・強み・弱み・競合他社情報について就職活動の観点から企業研究しました。1916年に日本初のベアリングメーカーとして創立されて以来、国内最大手のリーディングカンパニーとして業界を牽引。ベアリングでは日本No.1、精機製品のボールねじでは世界シェアNo.1を誇ります。国内に58カ所、世界では30の国々に207カ所の拠点を構えグローバル規模でビジネスを展開。競合として、NTNが挙げられます。
タイトルイメージ
お気に入り

{{article.title_chip}}

人気記事

NEW

{{article.title_ls|limitTo:30}}...
{{article.description|limitTo:50}}...
あなたへのオススメ業界
タイトルイメージ
お気に入り

メーカー

自動車業界を目指す就活生なら「押さえておくべき」最低限の知識│就活研究記事
学生からの注目度が高い業界のひとつ、自動車業界について解説していきます。環境規制が強化される中、IT関連をはじめとした様々な業種・規模の会社が市場に参入してくるなど、次世代の自動車市場に向けた競争が激化する大きな変革期にあります。業界の現状や話題の自動運転技術、世界トップクラスのインターンなど就活に役立つ役立つ情報をご紹介。
タイトルイメージ
お気に入り

メーカー

鉄鋼業界の「これだけは押さえておくべき」最低限の知識│就活研究記事
鉄鋼業界の物資の流れや各ステップごとの企業の動き、鉄鋼ならではの仕事内容など業界で働くにあたって知っておきたいことはもちろん、鉄鋼業界がかかえる課題や動向予想、日本が編み出した注目の革新的技術など周りと差をつけるための材料も取り揃えています!
タイトルイメージ
お気に入り

メーカー

電機・電子部品・半導体業界の概要・職種・魅力・動向 | 業界研究記事
電機・電子部品・半導体業界に興味を持つ方必見の業界研究記事。事業内容や業界特有の職種などの業界概要をはじめ、やりがいや魅力、業界動向などについて解説します。。業界理解を深めて、内定を勝ち取りましょう!
タイトルイメージ
お気に入り

メーカー

非鉄金属業界の「これだけは押さえておくべき」最低限の知識│就活研究記事
非鉄・金属業界に興味を持つ方必見の業界研究記事。事業内容や業界特有の職種などの業界概要をはじめ、やりがいや魅力、業界動向などについて解説します。。業界理解を深めて、内定を勝ち取りましょう!
タイトルイメージ
お気に入り

{{article.title_chip}}

人気記事

NEW

{{article.title_ls|limitTo:30}}...
{{article.description|limitTo:50}}...
  • {{college.name}}

{{my.name}}

{{my.college_name}}

気になる登録数:{{my.bookmark_num}}記事

よく見ている業界:{{my.industry_name}}

よく見ている職種:{{my.job_name}}

  • お知らせ
  • {{my.badge}}

  • メニュー

{{announce}}

>>パスワードを忘れた方はこちら

アカウントをお持ちでない方

irootsに登録すると全ての記事を
読むことができます。
※iroots searchはirootsが提供するサービスです。
掲載企業はirootsとは一切関連がございませんので、
ご注意ください。

iroots(アイルーツ)は、あなたの意思をカタチにするファーストキャリア支援サービスです

登録する
ログイン

※iroots searchは、irootsが提供するサービスです

掲載企業はirootsとは一切関連がございませんので、

ご注意ください