【就活体験記】ウェイ應義塾生の就活奮闘記④(2016卒)
コラム

体験記

2018年01月31日更新
タイトルイメージ

【就活体験記】ウェイ應義塾生の就活奮闘記④(2016卒)

気になるを解除

気になる

気になるを解除

シェアする

はじめに

【ライタープロフィール】
  • 男性
  • 慶応義塾大学法学部
  • 文系
  • コンサル業界

前回までの記事はこちら:


この記事では、大学4年生の夏から秋まで、一体どのようなことをしていたかを、一つの事例として、時系列で振り返ります。

大学4年生の8月― 勝負・勝負・勝負!―

ついに本番の時。ここまで時系列的に、企業研究・OB訪問・自己分析・セミナーについてつらつらと書いてきましたが、それらを通じて学んだこと全てを発揮する場が面接です。

ここで一つアドバイスですが、面接は「1年ぶりに会った親戚の叔父さんに、近況報告をしにいく」というノリで臨むと緊張せずありのままの自分が出せますよ。おすすめです。

「親戚の叔父さん」のところは「高校の時お世話になった先生」などに置き換えても構いません。(笑)
なので僕もリラックスして面接官の社員さんとの会話を楽しもう、という意識で臨みました。ただしもちろん一寸の油断はしませんでした。

結果的に、コンサル1つ、メガバンク1つ、損保1つ、IT系1つの計4社から内定をもらうことができました。残念ながら目指していた商社の内定を獲ることはかないませんでしたが、力は出し切ったと感じているので、納得のいく形で僕の就職活動は幕を閉じました。

おわりに

ここまでお時間をかけてお読みいただき、ありがとうございました。

色々偉そうに述べてきましたが、就活に決まったやり方もルールもありません。本当にその通りです。「お金が稼ぎたい!」という軸だけで進めて満足いく企業に受かった人もいますし、「社会にこんな影響を与えたい!」という夢を持って企業選びをし、納得いく企業に受かった人もいます。そもそも、「就職は違う」と考えて院への進学や、留学を決めた人もたくさんいます。

一つ言えるのは、「自分がどんな人間であるか」を自覚できている人が上手く行っている印象が強いです。具体的には、
・自分は何がしたくて
・どういう時に楽しいと感じて
・どういう時につらい・逃げ出したいと感じて
・どんな人間になりたくて
・どんな人間になりたくないのか

などです。いくつか挙げてみましたが、切り口を広げれば無限の問いが生まれるでしょう。
僕だったら、「何がしたい」という願望ははっきり持っていませんでしたが、「好奇心を満たし、頭の回転の速い人になりたいという想い」はハッキリ持っていたので、その思いを一番満たせそうなコンサル業界を目指してきました。そして内定を取ることができ、満足しています。

私は真面目に授業に出たわけでも、勉強をしっかりしてきたわけでもなく、新聞も読まない人です。どちらかというと目先の楽しさを追い求めて、ウェイウェイしたサークル生活を送ってきたような大学生です。そんな私でも内々定をいただくことができました。
何で無事に終えることができたのかなと考えると、以下の点が挙げられる気がします。

・3年生の夏から動き始めていた
・色んな業界を見るなど、視野を広く持ち続けた
・受かった時は成功要因を、落ちた時は失敗要因を分析し続けた
・就活だけにとらわれず、しっかりサークルや友達との飲み会で息抜きをしていた

ことが考えられるのかな、と思っています。

逆に反省している点を挙げるとすれば、

・企業についての勉強がまだまだ足りなかった
・仕事を通じて成し遂げたい夢がはっきりなかった(僕は最後まで見つからなかったのですが。。)
・自分の押し出すべき魅力を伝える能力に欠けていた

他にも色々考えられますし、受けている会社ごとに判断基準は多少異なるので分かりませんが、僕が考え付いたポイントの一部として挙げておきます。これを読まれた方は反面教師にして頑張ってください(笑)

それでは、これにて「ウェイ應義塾生の就活奮闘記」を終わります。
改めまして、最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
iroots(アイルーツ)は、あなたの意思をカタチにするファーストキャリア支援サービスです
※本サイトに掲載している企業は、iroots利用企業とは一切関連がございませんのでご注意ください。また、掲載情報は、各企業のコーポレートサイト等広く一般的に周知がなされている事項に加え、就活生から得た情報を元に、当社学生ライターが中心に独自にコンテンツ化したものです。
内容については細心の注意を払っておりますが、ご利用に際しては、閲覧者各人の責任のもとにこれをご活用いただけますようお願い申し上げます。
あなたへのオススメ企業
タイトルイメージ
お気に入り

サービス・インフラ

全日本空輸株式会社
国際線トップの座を誇る全日本空輸。初任給や平均年収などの基本情報をはじめ、航空業界でのシェアや競合との比較、選考フローや過去のES・面接などの採用情報をまとめた企業研究記事です。ESや面接への対策ポイントを徹底的に解説します!
タイトルイメージ
お気に入り

サービス・インフラ

株式会社リクルートホールディングス
世界有数のテクノロジーカンパニーへ向けて変貌を遂げているリクルートホールディングス。初任給や平均年収などの基本情報をはじめ、情報サービス業界でのシェアや競合との比較、選考フローや過去のES・面接などの採用情報をまとめた企業研究記事です。ESや面接への対策ポイントを徹底的に解説します!
タイトルイメージ
お気に入り

金融

株式会社三菱東京UFJ銀行
世界最大級の規模で信頼を集める三菱東京UFJ銀行。初任給や平均年収などの基本情報をはじめ、金融業界でのシェアや競合との比較、選考フローや過去のES・面接などの採用情報をまとめた企業研究記事です。ESや面接への対策ポイントを徹底的に解説します!三菱東京UFJ銀行は「2015年度卒新卒就職人気企業ランキング」で総合5位に位置しています。株式会社三菱東京UFJ銀行の平均年収は約800万円で、初任給は総合職・大卒で月給20万5000円です。競合他社としては、三井住友銀行が挙げられます。
タイトルイメージ
お気に入り

サービス・インフラ

株式会社ベネッセホールディングス
通信教育の「進研ゼミ」で有名なベネッセホールディングス。初任給や平均年収などの基本情報をはじめ、教育業界でのシェアや競合との比較、選考フローや過去のES・面接などの採用情報をまとめた企業研究記事です。ESや面接への対策ポイントを徹底的に解説します!
タイトルイメージ
お気に入り

{{article.title_chip}}

人気記事

NEW

{{article.title_ls|limitTo:30}}...
{{article.description|limitTo:50}}...
あなたへのオススメ業界
タイトルイメージ
お気に入り

サービス・インフラ

旅行・ホテル業界の概要・職種・魅力・動向 | 業界研究記事
旅行・ホテル業界に興味を持つ方必見の業界研究記事。事業内容や業界特有の職種などの業界概要をはじめ、やりがいや魅力、業界動向などについて解説します。。業界理解を深めて、内定を勝ち取りましょう!
タイトルイメージ
お気に入り

金融

銀行業界の概要・職種・魅力・動向 | 業界研究記事
銀行業界に興味を持つ方必見の業界研究記事。事業内容や業界特有の職種などの業界概要をはじめ、やりがいや魅力、業界動向などについて解説します。。業界理解を深めて、内定を勝ち取りましょう!
タイトルイメージ
お気に入り

ソフトウェア・情報処理

ITサービス・ソフトウェア業界の概要・職種・魅力・動向 | 業界研究記事
ITサービス・ソフトウェア業界に興味を持つ方必見の業界研究記事。事業内容や業界特有の職種などの業界概要をはじめ、やりがいや魅力、業界動向などについて解説します。。業界理解を深めて、内定を勝ち取りましょう!
タイトルイメージ
お気に入り

メーカー

食品業界の概要・職種・魅力・動向 | 業界研究記事
食品業界に興味を持つ方必見の業界研究記事。事業内容や業界特有の職種などの業界概要をはじめ、やりがいや魅力、業界動向などについて解説します。業界理解を深めて、内定を勝ち取りましょう!
タイトルイメージ
お気に入り

{{article.title_chip}}

人気記事

NEW

{{article.title_ls|limitTo:30}}...
{{article.description|limitTo:50}}...
  • {{college.name}}

{{my.name}}

{{my.college_name}}

気になる登録数:{{my.bookmark_num}}記事

よく見ている業界:{{my.industry_name}}

よく見ている職種:{{my.job_name}}

  • お知らせ
  • {{my.badge}}

  • メニュー

{{announce}}

>>パスワードを忘れた方はこちら

アカウントをお持ちでない方

irootsに登録すると全ての記事を
読むことができます。
※iroots searchはirootsが提供するサービスです。
掲載企業はirootsとは一切関連がございませんので、
ご注意ください。

iroots(アイルーツ)は、あなたの意思をカタチにするファーストキャリア支援サービスです

登録する
ログイン

※iroots searchは、irootsが提供するサービスです

掲載企業はirootsとは一切関連がございませんので、

ご注意ください