新卒で大手企業に就職するメリット・デメリット
コラム

ノウハウ・読み物

2018年03月12日更新
タイトルイメージ

新卒で大手企業に就職するメリット・デメリット

気になるを解除

気になる

気になるを解除

シェアする

はじめに

新卒の就職活動では、「やっぱり大手企業に入社したい!」という気持ちがある人は多いことでしょう。大手企業だけに一極集中して就職活動を進めること自体は必ずしもオススメはできませんが、さまざまな観点から企業研究や業界研究を進めて、計画的に志望企業を目指すのであれば【新卒】という二度とないチャンスに大手企業にチャレンジするのは、是非しておくべきだと思います。

そこで今回は、中小企業やベンチャー企業ではなかなか得ることのできない、新卒で大手企業に就職するメリット、そしてそれに伴うデメリットについてもご紹介をします。

新卒で大手企業に就職する3つのメリット

まずは新卒で大手企業に就職する3つのメリットをご紹介します。

(1) 入社後の教育体系が整っている

はじめに挙げられるのは、入社後の教育〜現場は配属に至までのサポートの厚さです。企業によっては数百人以上の社員を毎年採用しているので、教育体系が非常に整っていることに加えて、一概には言えませんが、大手企業は比較的研修期間が長いのも特徴です。なので、一定の学習をした上で安心してキャリアをスタートさせることが可能です。

(2) 将来的に大規模/長期スパンの仕事に取り組める可能性がある

次に挙げられるのは、将来的に予算や事業規模、社会的な影響力の強さなどの観点で大規模と言える仕事や、長期的なプロジェクトに関わることのできる可能性があるという点です。大手企業でなければできないスケールの仕事というのは、確実に存在します。

そのような仕事に携われるようになるまでに掛かる時間は会社によって大きく異なりますが、若手時代にしっかりと基礎を築き継続的に任された仕事で成果を出すことで徐々に自身のキャリアが開けてくるという点で非常に希望がある環境の場合が多いでしょう。

(3) 社内制度や転職のしやすさ等で、継続したキャリアが形成しやすい

キャリアを築くという観点で言うと、もう1点メリットがあります。新卒で大手企業に入社している場合の方が、キャリアの選択肢が多いということです。社内で昇進をしていくというのは、中小企業やベンチャー企業に比べると狭き門になる可能性が高いですが、一度入社すれば継続して働く環境自体は得られやすいと言えます。また、女性にとっては育休・産休などの制度の観点でも大手企業はサポートが手厚い傾向なので、キャリアを継続したい場合には非常に良い環境です。

一方で、転職をする場合にも大手企業の方が有利なケースが少なくありません。中小企業から大手企業への転職は非常に難しい一方で、大手企業からであれば大手企業にも、中小企業にも、ベンチャー企業にも転職できる可能性が高いのです。

新卒で大手企業に就職する3つのデメリット

次に、新卒で大手企業に就職するデメリットをご紹介します。

(1) 仕事が画一的、裁量の少なさでやりがいを感じにくい

まず挙げられるのが、仕事が画一的すぎたり、個人の裁量が少なかったりするためにやりがいを感じにくいという点です。大手企業は母体が大きい分、会社の方針に従って決められたことをしっかりとこなして行くという仕事スタイルになりやすいと言えます。会社によって程度は違いますが、自分の意見があっても通り辛い環境や、個人の能力を発揮し辛い環境も時にあるので注意が必要です。

(2) 配属先、勤務地などの融通が効きにくい

次に挙げられるのは、配属先や勤務地などの融通が効きにくいという点です。事業規模が大きい分、自分の予想をしていなかった配属先や勤務地になりやすく、自分の意志で変更できないケースも多く見受けられます。偶然に従ってコツコツと取り組めるタイプであれば問題ありませんが、長いスパンで見てそのような環境で働くことが難しい場合もあるはずですので、事前によく考えておくべきポイントの1つと言えます。

(3) 年功序列の風土が残る会社も少なくない

次に挙げられるのは、多くの企業で今尚年功序列の風土が残っているという点です。年齢層の高い社員が多くいる場合には、管理職のポジションが埋まっていることはもちろん、年齢給の制度が浸透していることも多いので、若手のうちは能力があって成果があがっていても、十分な見返りが得られない可能性もあります。継続して長期間勤務するという前提がなければ、昇進や給与の面でのメリットは享受しにくい環境のことも多いでしょう。

新卒で大手企業に就職するメリット・デメリットのまとめ

いかがでしたか?
大手企業に新卒で入社することには、大きなメリットもある一方で例に挙げたようなデメリットも存在します。

自分がどのように働きたいか、どのようなキャリアを積みたいかなどをよく考え、就活時には大手企業に偏らずにまずはさまざまな企業にチャレンジすることをオススメします。その上で、やはり大手企業を志望するのであれば改めこのメリット、デメリットを良く理解した上で最終的に判断をしてみてくださいね。

関連するコラム記事もチェックしてみよう!

iroots(アイルーツ)は、あなたの意思をカタチにするファーストキャリア支援サービスです
※本サイトに掲載している企業は、iroots利用企業とは一切関連がございませんのでご注意ください。また、掲載情報は、各企業のコーポレートサイト等広く一般的に周知がなされている事項に加え、就活生から得た情報を元に、当社学生ライターが中心に独自にコンテンツ化したものです。
内容については細心の注意を払っておりますが、ご利用に際しては、閲覧者各人の責任のもとにこれをご活用いただけますようお願い申し上げます。
あなたへのオススメ企業
タイトルイメージ
お気に入り

メーカー

プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社
世界中の顧客の信頼に応えて、より優れた品質と価値をもつ製品とサービスを提供するP&G Japan。初任給や平均年収などの基本情報をはじめ、家庭用品業界でのシェアや競合との比較、選考フローや過去のES・面接などの採用情報をまとめた企業研究記事です。
タイトルイメージ
お気に入り

金融

日本生命保険相互会社
業界のリーディングカンパニーとして、相互扶助の精神に基づき挑戦を続ける日本生命保険。初任給や平均年収などの基本情報をはじめ、生命保険業界でのシェアや競合との比較、選考フローや過去のES・面接などの採用情報をまとめた企業研究記事です。
タイトルイメージ
お気に入り

マスコミ

日本テレビ放送網株式会社
「日テレ」の呼び名で有名な日本テレビ放送網。初任給や平均年収などの基本情報をはじめ、テレビ業界でのシェアや競合との比較、選考フローや過去のES・面接などの採用情報をまとめた企業研究記事です。ESや面接への対策ポイントを徹底的に解説します!
タイトルイメージ
お気に入り

サービス・インフラ

株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント
徹底的に個性の豊かさと好奇心重んじる風土で人気のソニー・ミュージックエンタテイメント。初任給や平均年収などの基本情報をはじめ、音楽業界でのシェアや競合との比較、選考フローや過去のES・面接などの採用情報をまとめた企業研究記事です。
タイトルイメージ
お気に入り

{{article.title_chip}}

人気記事

NEW

{{article.title_ls|limitTo:30}}...
{{article.description|limitTo:50}}...
あなたへのオススメ業界
タイトルイメージ
お気に入り

流通

商社業界の概要・職種・魅力・動向 | 業界研究記事
商社業界に興味を持つ方必見の業界研究記事。事業内容や業界特有の職種などの業界概要をはじめ、やりがいや魅力、業界動向などについて解説します。商社といえば、就職先人気企業ランキング(文系・男子)において、住友商事・三菱商事・伊藤忠商事がTOP3を占めるなど、非常に人気の業界です。「平均年収ランキング(平成24-25年版)」においても、2位のテレビ業界(976万円)と200万円以上の差をつけて1位に輝きました(1187万円)。商社は、多様な製品を取り扱う総合商社と、特定の分野に特化した専門商社に分かれており、主な事業は「流通」「投資」の2つです。
タイトルイメージ
お気に入り

メーカー

化粧品・生活用品業界の概要・職種・魅力・動向 | 業界研究記事
化粧品・生活用品業界に興味を持つ方必見の業界研究記事。事業内容や業界特有の職種などの業界概要をはじめ、やりがいや魅力、業界動向などについて解説します。。業界理解を深めて、内定を勝ち取りましょう!
タイトルイメージ
お気に入り

営業職

営業職(法人向け新規開拓営業)業界の概要・職種・魅力・動向 | 業界研究記事
営業職(法人向け新規開拓営業)に興味を持つ方必見の職種研究記事。企業の営業部に属して、別の企業に自社の商品やサービスを利用・購入してもらえるように活動するのが法人向け新規開拓営業です。まず営業対象の企業情報を調査・収集した上で、電話で担当者にアポイントを取る場合と、最初から直接訪問する場合があります。アポイントをとった場合は、予定日時に直接先方に出向いて担当者と面会し、商品や無形のサービスなどの紹介・プレゼンテーションを行います。業務内容や活躍できる業界に加え、働く人々が感じているやりがいや求められるスキルについて解説します。具体的な仕事のイメージを持ちましょう!
タイトルイメージ
お気に入り

WEB職

WEB職(プロデューサー)業界の概要・職種・魅力・動向 | 業界研究記事
WEB職(プロデューサー)に興味を持つ方必見の職種研究記事。WEBのプロデューサーとは、自分自身が担当するWEBサイトを企画から制作などを行い、その後の運営までを行う仕事のことを言います。WEBならではのルーティン業務があり、WEBがきちんと機能しているかなどのチェックを行うなど、日々コツコツと作業を行う面もあります。業務内容や活躍できる業界に加え、働く人々が感じているやりがいや求められるスキルについて解説します。具体的な仕事のイメージを持ちましょう!
タイトルイメージ
お気に入り

{{article.title_chip}}

人気記事

NEW

{{article.title_ls|limitTo:30}}...
{{article.description|limitTo:50}}...
  • {{college.name}}

{{my.name}}

{{my.college_name}}

気になる登録数:{{my.bookmark_num}}記事

よく見ている業界:{{my.industry_name}}

よく見ている職種:{{my.job_name}}

  • お知らせ
  • {{my.badge}}

  • メニュー

{{announce}}

>>パスワードを忘れた方はこちら

アカウントをお持ちでない方

irootsに登録すると全ての記事を
読むことができます。
※iroots searchはirootsが提供するサービスです。
掲載企業はirootsとは一切関連がございませんので、
ご注意ください。

iroots(アイルーツ)は、あなたの意思をカタチにするファーストキャリア支援サービスです

登録する
ログイン

※iroots searchは、irootsが提供するサービスです

掲載企業はirootsとは一切関連がございませんので、

ご注意ください