コラム

ビジネススキル

2017年08月09日更新
タイトルイメージ

ビジネスするなら知っておきたいフレームワーク10選(前編)

気になるを解除

気になる

気になるを解除

シェアする

はじめに


こんにちは。irootsインターンのKobaです。僕は小さいころからサッカーやゲーム、将棋、麻雀などが好きでずっとやっていました。サッカーでは、どこにパスを出せば一番点が取れる確率が上がるのか考えるのがすごく楽しいです。ゲームはモンハンやファイアーエムブレムが好きで、強い相手に対し、自分の長所を活かしてどうやって戦ったら勝つか考えるのが好きでした。

これらに共通するのは、相手の強み、弱みを分析してそれに合わせて最適な戦略を練っていくところです。ビジネスも同じで、市場の動向を分析し、自社の強みや弱みを考え、それに応じて戦略を練っていくのが面白いと思っています。irootsでも現状の改善点を見つけ、それをもとに新たな企画を考え提案するのがとても楽しいです。ただ、何もない状況だと戦略を上手に練ることができません。サッカーでもシュートフォームやパスの仕方、フォーメーションなどを学びますよね。ゲームなどでも上手な人の動きなどを参考にしますよね。何事にも「コツ」があり、それを学べばよりよい戦略が練れると思っています。

今回はビジネスにおける「コツ」の1つであるフレームワークを、大学生である僕なりにまとめてみました。 フレームワークは、この通りにビジネスを行えば必ず事業が成功するという「万能」なものではなく、物事について考える際の一つの「ツール」として存在するものだと思っています。僕自身も事業を改善する際、まず原因を分析するときに「これはしっかりとMECEに分解できているか」を常に自分に問うようにしています。これをすることによって「どこに原因があるのか」を明確にすることができ、改善案を提案する際に相手にわかりやすく理由を伝えることができます。面接でも、自分が伝えたいことをわかりやすく相手に伝えることが大事なので、この考え方は生きてきます。また、社会に出てからも事業の改善案を提出する際や現状の自分を分析し、改善をしていく際に役に立ちます。

ビジネスするなら知っておきたいフレームワーク10選(後編)はこちらの記事へ

①MECE(Mutually Exclusive and Collectively Exhaustive)






MECEとは、簡単に言うと「もれなくだぶりなく」という意味です。何か物事を要素分解するときにMECEで分解すると綺麗に分解することができます。一方、物事を分析する際に漏れやだぶりが出てしまうと正確に分析することができません。

例えば血液型はA,B,O,ABの4種類しかなく、一人が二つの血液型を持っていることは基本的にないため、MECEで分解できています。一方、好きなスポーツというテーマでサッカーが好きな人と野球が好きな人という2通りに分類するとしましょう。これではMECEに分解できているとは言えません。テニスが好きな人もいるでしょうし、そもそもサッカーと野球を知らないという人もいると思います。下記に紹介するフレームワークは基本的にMECEであるため、わかりやすく分析できるようになっています。

②ロジックツリー






ロジックツリーとは、ある物事をMECEで分解した図のことです。ロジックツリーを用いることで、体系的に物事を整理することができます。例えば「英語力向上」というのを目的とすると、①Listening, ②Reading, ③Speaking, ④Writingの4つの力が必要となります。それをさらに要素分解していくと、自分が何をしていけばよいのかわかるようになります。

③3C分析






3CとはCompany(自社),Customer(市場、顧客),Competitor(競合)のことで、3C分析とは自社の戦略を策定するために、それらを分析するフレームワークです。
①顧客、市場のニーズ②自社の弱み、強み③競合の動向、これら3つを知り、それらを分析することで、顧客に自社サービスを選択してもらえるように戦略を改善することができます。

例えば恋人がほしいという状況を想定すると、恋愛対象になりうる相手が市場(Customer)となります。まず市場を理解しましょう。自分の恋愛対象は何歳~何歳で、どのような容姿や性格をしているのか理解します。その中から一人を選びます。次にその相手のニーズを理解しましょう。相手が恋人にしたいのは何歳~何歳で、どのような容姿や性格をしているのか理解します。そして競合(Competitor)を調査しましょう。この場合だとライバルの存在ですね。その人が何歳でどのような容姿や性格をしているのか知りましょう。最後に自社(Company)です。自分の強み、弱みを知り、ニーズに合う強みを出していきましょう。

④SWOT分析






SWOT分析とは自社の強み(Strength)、弱み(Weakness)、外部環境における機会(Oppotunity)、脅威(Threat)を分析し、経営の効率化を図るフレームワークです。それらを分析し、マトリックス上に整理することで今後とるべき戦略が見えてきます。

自社の強みと市場における機会が重なるところは、大きな成長が見込める分野なので積極的に投資するべきです。

一方、自社の強みと外部環境における脅威が重なるところは、外部環境のどこに脅威があるのか原因を分析し(競合の新規参入など)、差別化戦略をとることが大切です。

自社の弱みと市場環境における機会が重なるところでは、自社の弱みを改善すれば成長が見込めるので自社の弱みをしっかりと分析し、改善していくことが大切になってきます。

自社の弱みと外部環境における脅威が重なるところではコストをかけて自社の弱みを改善したとしても事業が成功するかわからずリスクが高いため、事業の撤退を考える必要があります。

3Cの例の続きで恋人がほしいとすると、SWOT分析ではまず外部環境から分析していきます。まず機会(恋愛対象となる相手が現在恋人がほしいと思っているか、どういう人がモテるのか)を分析します。そして脅威(どういう人が嫌われるのか、新規参入の男性がいるかどうか)を分析します。続いて内部環境です。自分の強み、弱みを分析します。容姿がいいこと、スポーツができること、頭がいいの3点を自分の強みだとします。一方、歌が下手、自分の話ばかりする、服装がダサいを自分の弱みだとします。

相手が容姿のいい人が好きであれば、積極的にアプローチしていきましょう。歌が上手い人が好きであれば、自分を改善するために歌を練習しましょう。頭がいい人が好きではないのであれば、スポーツしている姿をアピールしていきましょう。オシャレな人が好きで、なおかつオシャレな競合が登場したら、チャンスは少ないので撤退を検討しましょう。恋愛対象を変えることをお勧めします。

⑤4P分析






次は4P分析です。4Pとは、Product(製品)Place(場所)Price(価格)Promotion(販売促進)のことで、これらを分析し、改善することによって顧客に購買を促します。3C分析が全体戦略であるのに対し、4P分析はサービスごとの具体的なマーケティング戦略となっています。

例えば自分が着なくなったバーバリーのTシャツを売るとしましょう。まずは製品(Product)の品質や特徴を調べます。そして流通です。近所のフリーマーケットで販売するのか、知人に販売するのかメルカリに出店するか考えます。複数のチャネルを持つのもいいですね。そして価格(Price)を決めます。どの価格に設定すれば顧客が購入してくれるのか、また、自分にもメリットが出るのか考えます。最後に販売促進(Promotion)です。チラシを作るか、知人に伝言してもらうか、Facebookで投稿するかなど、どうやって認知を拡大し、購入を促していくのか考えます。

いかがでしたか。フレームワークそのものよりも、その奥にある考え方を理解することが大切です。時代や外部環境をしっかりと分析し、それらに合った戦略を取ることで、事業を成功に導きたいです。ただこれはあくまでも「コツ」なので、それを自分のものにしていかなければ意味がないと思っています。
後編ではさらなるフレームワークについてみていきます。

ビジネスするなら知っておきたいフレームワーク10選(後編)はこちらの記事へ

関連記事もチェックしてみよう



★業界研究
> これだけは押さえておきたい最低限の知識(広告業界編)
>これだけは押さえておきたい最低限の知識(人材業界編)
>これだけは押さえておきたい最低限の知識(インターネット業界編)

★各種コラム
>就活準備でやっておかなければいけないこと【大学3年の夏】
>人材業界18年。就活を見てて分かったこと
>未来志向な夢との付き合い方:金谷武明
iroots(アイルーツ)は、あなたの意思をカタチにするファーストキャリア支援サービスです
  • PEST分析とは何か?コトラー教授が考案、海外進出を行う際にも使えるフレームワーク | ビジネス+IT, http://jp.techcrunch.com/2017/01/28/20170126alphabets-bets-beyond-search-are-starting-to-look-better/
  • ※本サイトに掲載している企業は、iroots利用企業とは一切関連がございませんのでご注意ください。また、掲載情報は、各企業のコーポレートサイト等広く一般的に周知がなされている事項に加え、就活生から得た情報を元に、当社学生ライターが中心に独自にコンテンツ化したものです。
    内容については細心の注意を払っておりますが、ご利用に際しては、閲覧者各人の責任のもとにこれをご活用いただけますようお願い申し上げます。
    あなたへのオススメ企業
    タイトルイメージ
    お気に入り

    金融

    東京海上日動火災保険株式会社
    国内での圧倒的ブランド力を武器に、米国の損保企業の買収等海外戦略も行う東京海上日動火災保険。初任給や平均年収などの基本情報をはじめ損害保険業界でのシェアや競合との比較、選考フローや過去のES・面接などの採用情報をまとめた企業研究記事です。
    タイトルイメージ
    お気に入り

    金融

    株式会社三菱東京UFJ銀行
    世界最大級の規模で信頼を集める三菱東京UFJ銀行。初任給や平均年収などの基本情報をはじめ、金融業界でのシェアや競合との比較、選考フローや過去のES・面接などの採用情報をまとめた企業研究記事です。ESや面接への対策ポイントを徹底的に解説します!
    タイトルイメージ
    お気に入り

    サービス・インフラ

    株式会社オリエンタルランド
    継続投資でシェアを維持するオリエンタルランド。初任給や平均年収などの基本情報をはじめ、テーマパーク業界でのシェアや競合との比較、選考フローや過去のES・面接などの採用情報をまとめた企業研究記事です。ESや面接への対策ポイントを徹底的に解説します!
    タイトルイメージ
    お気に入り

    サービス・インフラ

    株式会社エイチ・アイ・エス
    多角経営でアジアトップを目指すエイチ・アイ・エス。初任給や平均年収などの基本情報をはじめ、旅行業界でのシェアや競合との比較、選考フローや過去のES・面接などの採用情報をまとめた企業研究記事です。<br>ESや面接への対策ポイントを徹底的に解説します!
    タイトルイメージ
    お気に入り

    {{article.title_chip}}

    人気記事

    NEW

    {{article.title_ls|limitTo:30}}...
    {{article.description|limitTo:50}}...
    あなたへのオススメ業界
    タイトルイメージ
    お気に入り

    メーカー

    食品
    食品業界に興味を持つ方必見の業界研究記事。事業内容や業界特有の職種などの業界概要をはじめ、やりがいや魅力、業界動向などについて解説します。業界理解を深めて、内定を勝ち取りましょう!
    タイトルイメージ
    お気に入り

    マスコミ

    広告
    広告業界に興味を持つ方必見の業界研究記事。事業内容や業界特有の職種などの業界概要をはじめ、やりがいや魅力、業界動向などについて解説します。業界理解を深めて、内定を勝ち取りましょう!
    タイトルイメージ
    お気に入り

    サービス・インフラ

    コンサルティング
    コンサルティング業界に興味を持つ方必見の業界研究記事。事業内容や業界特有の職種などの業界概要をはじめ、やりがいや魅力、業界動向などについて解説します。業界理解を深めて、内定を勝ち取りましょう!
    タイトルイメージ
    お気に入り

    事務職

    事務職(人事・教育・労務)
    事務職(人事・教育・労務)に興味を持つ方必見の職種研究記事。業務内容や活躍できる業界に加え、働く人々が感じているやりがいや求められるスキルについて解説します。具体的な仕事のイメージを持ちましょう!
    タイトルイメージ
    お気に入り

    {{article.title_chip}}

    人気記事

    NEW

    {{article.title_ls|limitTo:30}}...
    {{article.description|limitTo:50}}...
    • {{college.name}}

    {{my.name}}

    {{my.college_name}}

    気になる登録数:{{my.bookmark_num}}記事

    よく見ている業界:{{my.industry_name}}

    よく見ている職種:{{my.job_name}}

    • お知らせ
    • {{my.badge}}

    • メニュー

    {{announce}}

    >>パスワードを忘れた方はこちら

    アカウントをお持ちでない方

    irootsに登録すると全ての記事を
    読むことができます。
    ※iroots searchはirootsが提供するサービスです。
    掲載企業はirootsとは一切関連がございませんので、
    ご注意ください。

    iroots(アイルーツ)は、あなたの意思をカタチにするファーストキャリア支援サービスです

    登録する
    ログイン

    ※iroots searchは、irootsが提供するサービスです

    掲載企業はirootsとは一切関連がございませんので、

    ご注意ください