コンサルティング業界の「これだけは押さえておくべき」最低限の知識│就活研究記事
業種

コンサルティング

人気記事

2018年03月07日更新
タイトルイメージ

コンサルティング業界の「これだけは押さえておくべき」最低限の知識│就活研究記事

気になるを解除

気になる

気になるを解除

シェアする



コンサルティング業界といっても領域が多様であり、就活生の中にはあまり実態がつかめていない人も多いのではないのでしょうか。今回はそういった疑問について細かく見ていきます。

◆ TOPIC
  • コンサルティング業界の現状
  • コンサルティング業界の仕事内容
  • コンサルティング会社の種類
  • コンサルティング業界で活躍するために必要な能力

コンサルティング業界の現状


IT専門調査会社IDC JAPANによると、2016年のコンサルティング業界の市場規模は前年比4.8%増の6,792億円になったとみられます。特に、ビッグデータや、クラウド、モビリティ、ソーシャル技術などデジタル関連のコンサルティングの市場規模が増加しています。デジタル領域が増加している要因として、ヒト→ロボットへの労働力を転換による業務の効率化、またデータを正確に保持することによる業務ミスの減少などが挙げられます。多くの企業はこのような市場の動向は把握しています。しかし、具体的にどのような形で自社に取り入れたらよいのかわからないという企業が多いため、デジタル分野でのコンサルティング需要が増加しています。


出典: IDCJapanホームページ
Notes:
・2016年は実績値、2017年~2021年は予測値
・コンサルティングサービス市場=ビジネスコンサルティング市場+ITコンサルティング市場
・ITコンサルティングでは、第3のプラットフォームの導入/運用を「主要な目的」とする案件をデジタル関連コンサルティングの対象とした。
Source: IDC Japan, 5/2017

コンサルティング業界の仕事内容


コンサルティング業界で働くコンサルタントとよばれる人々は既存の企業の事業戦略や財務戦略、IT戦略などの各戦略において改善案を考える仕事です。元々コンサルティングの概念はアメリカのフレデリック・テイラーという経営学者が広めていったとされています。彼は「科学的管理法」を発案し、効率よく企業を運営することを広めていきました。
その後コンサルティングファームが設立され、日本にも伝来するようになりました。




コンサルティング領域の種類としては、戦略、マネジメント、HR、会計、ITが挙げられます。
一般的なアプローチとして、従来は①トップダウン型(戦略→マネジメント→各ファンクション)のコンサルティングが主流でした。それはトップダウン型の方が改善スピードが速く、スムーズにコンサルティングをすることができたためです。

しかし、近年、世の中はVUCAで溢れています。VUCAとは、Volatility(変動性), Uncertainty(不確実性), Complexity(複雑性), Ambiguity(曖昧性)の頭文字を取った言葉です。このような世界では戦略が定まりづらく、現場の細かい課題を拾っていくことによって、戦略を定めていく②ボトムアップ型(各ファンクション→戦略)のコンサルティングが増加してきました。

また、近年コンサルティングは「机上の空論」と揶揄されるようになってきました。そこでただ戦略を立てるだけでなく、その後の実行まで責任を持つという企業が増加してきました。さらに近年の傾向として、各社が自社の強みを武器にして、他の領域まで手を伸ばそうとしてきています。

次に各領域ごとにおける業務内容を見ていきます。

戦略領域


戦略領域では、全社の方針や全体的な戦略策定をします。また、企業の経営指標をリアルタイムで設定、管理します。 近年の企業の全体的な戦略の傾向として、”物”→”サービス”へのシフトが挙げられます。例えば富士通やNECなどが挙げられます。それらの企業は以前はパソコンなどの”物”を販売していましたが、近年ではITサービスを提供する方にシフトしています。自動車産業においても、トヨタやホンダといった企業は、以前は車という”物”を売っていましたが、自動運転が出てきたことによって自動運転技術の”サービス”を売る方にシフトしてきています。
このように、従来のバリューチェーンが崩壊してきている現状において、今までの枠にとらわれない新しい価値を生み出す必要が出てきました。そのため、自社の知見と外部の知見を組み合わせることで新しい発想を生み出し、イノベーションをはかるオープンイノベーションを取り入れる動きが、どの企業でも出てきています。

マネジメント領域


マネジメント領域では、企業の理想の姿と現状を把握し、理想に近づくために具体的に何をしたらよいのかという業務改善を支援しています。
戦略領域が全社的な経営指標の設定、管理をするのに対し、マネジメント領域では一歩踏み込んだ具体的な業務の指標を設定、管理します。

現代では続々と出現してくる最先端の技術や流行に対し、企業が追い付けていない場合が多いため、それらの魅力を各企業に伝え、取り入れるための支援が増加してきました。

例えば、SNSを用いたバイラル・マーケティング(Viral Marketing)の支援が挙げられます。今まではテレビCMやラジオなど一方通行的なマーケティングが主流でしたが、その現状が変わってきています。人々はSNSでの友達の口コミなどを信用するようになってきています。SNSでの口コミはウイルスのように拡散していくため、バイラルマーケティングと呼ばれています。また、企業側からみてもSNSを用いたマーケティングは低コストでできるため、導入する企業が増えてきています。

また、デジタルレイバー(Digital Labor)導入の支援も行っています。デジタルレイバーとは、RPA(Robotic Process Automation)とも呼ばれ、従来人間が手作業で行っていた業務をAIによって自動化するものとなっています。これによって、より人間がルーティンワークから解放され、創造的な作業に時間を費やすことができるようになってきました。

さらに近年では、IoT(Internet of Things)技術の発展により、スマートファクトリーへ移行するための支援も行っています。スマートファクトリーとは、工場内の様々な機械をインターネットにつなげることで工場内のデータを正確に管理し、効率的な運営を目指していく工場のことを指します。

HR領域


HR領域では、近年取り入れている企業が急増しているダイレクトリクルーティングやタレントマネジメント、レファラル採用などの支援を行っています。
人材領域の変遷について、詳しくは下記をご覧ください。
これだけは押さえておきたい最低限の知識(人材業界編)

IT領域


IT領域では、サイバーセキュリティの支援はもちろん、社外との接続を前提としたシステムの標準化や、社内を横断したデジタル組織の立ち上げなどを支援しています。具体的にはERP(Enterprise Resources Planning), CRM(Customer Relationship Management)パッケージのシステム導入からPMI(Post Merger Integlation)の際のシステム統合など、様々なIT戦略に関わっています。

※ERP(Enterprise Resources Planning):企業の情報を統合的に管理し、経営資源(ヒト・モノ・カネ・情報)を最適に分配することで効率的な経営をはかる手法、概念、及びそれを実行するシステムのこと
※CRM(Customer Relationship Management):顧客の購買行動、履歴などを情報システムにより管理し、分析することで顧客満足度を向上させる手法。
※PMI(Post Merger Integlation):買収成立後におけるシステム統合や人事管理統合のプロセスのこと



コンサルティング会社の種類


では実際にどのようなコンサルティング会社が存在するのでしょうか。戦略系、会計系、HR系、IT系、シンクタンク系に分類して見ていきましょう。

戦略系コンサルティングファーム


戦略ファームは主に企業の経営戦略、事業戦略に関わります。大企業の海外戦略や5年後の長期戦略など、抽象度の高い課題が多いため、非常に高度な論理的思考力が求められます。
戦略ファームで働く魅力として、若い間から自分の戦略次第で大手企業などの全体的な戦略立案にかかわることができることや、高度なロジカルシンキングが身につくこと、業界全体を俯瞰して見ることができることなどが挙げられます。

代表的な企業
マッキンゼー&カンパニー ボストンコンサルティンググループ ベイン&カンパニー ローランドベルガー 船井総研 など

会計系コンサルティングファーム


会計ファームは主に企業の財務戦略に関わります。クライアントの財務諸表を把握し、どこに集中して投資すればよいか、またどこの費用を削減すればよいかなど分析し、改善案を提出します。多くの日本の企業の問題点として、ROI(Return on Investment:投資額に対し、どれだけの利益を出すことができたのかという、経営の効率性をはかる指標の1つ)の低さが挙げられます。
会計ファームで働く魅力として、会計の知識が身につくことや、会計の視点から見た企業戦略を描く力が身につくことが挙げられます。

代表的な企業
デロイトトーマツコンサルティング PwC Japan など

HR系コンサルティングファーム


HR系は主に人事戦略に関わります。採用から育成、組織編成など組織に注目し、組織力の最大化によって経営力の強化を目指します。
人事ファームで働く魅力として、組織の面からみた企業戦略が身につくことや、優秀な人を 見る目が養えること、教育力が身につくことなどが挙げられます。

代表的な企業
ウイリス・タワーズワトソン 日本能率協会コンサルティング リンクアンドモチベーション など

IT系コンサルティングファーム


IT系は主に企業のIT戦略に関わります。近年この分野が非常に伸びています。 ITファームで働く魅力として、効率的な経営をしていく上で必要なシステムが理解できることや、ITシステムにおけるセキュリティ知識が身につくことが挙げられます。
また、デジタルマーケティング分野に強い会社として、 ビービット KAIZEN などが挙げられます。

代表的な企業
アクセンチュア アビームコンサルティング ビービット KAIZEN

シンクタンク系コンサルティングファーム


シンクタンク系の強みは独自のリサーチ力による情報量の多さです。リサーチに多くの人員を割くことで質の高い情報を提供することができます。また、その情報力を活かしたコンサルティングから国家戦略のプロジェクトに関わることもあります。シンクタンク系で働く魅力として、市場の動向について多くの情報が入ってくるため、今後世界がどうなっていくのか見通しをつける力がつくことが挙げられます。

代表的な企業
三菱総合研究所 野村総合研究所 NTTデータ経営研究所 日本総研 みずほ総研

コンサルティング業界で活躍するために必要な能力(フェルミ推定・ケース問題等)

コンサルティング業界はクライアントに提案をするため、論理的思考力の高さに重点をおいている企業が多いです。選考でも、論理的に物事を考

irootsとは

※iroots searchは、irootsが提供するサービスです

掲載企業はirootsとは一切関連がございませんので、ご注意ください

iroots(アイルーツ)は、あなたの意思をカタチにするファーストキャリア支援サービスです
※本サイトに掲載している企業は、iroots利用企業とは一切関連がございませんのでご注意ください。また、掲載情報は、各企業のコーポレートサイト等広く一般的に周知がなされている事項に加え、就活生から得た情報を元に、当社学生ライターが中心に独自にコンテンツ化したものです。
内容については細心の注意を払っておりますが、ご利用に際しては、閲覧者各人の責任のもとにこれをご活用いただけますようお願い申し上げます。
あなたへのオススメ企業
タイトルイメージ
お気に入り

サービス・インフラ

人気記事

株式会社Speee
ウェブマーケット事業から始まり、不動産やエンタメなどのスマホアプリで近年成長がめざましいSpeee。初任給や平均年収などの基本情報をはじめ、IT業界でのシェアや競合との比較、選考フローや過去のES・面接などの採用情報をまとめた企業研究記事です。
タイトルイメージ
お気に入り

サービス・インフラ

人気記事

株式会社ウィルゲート
Webソリューション、インターネットメディア事業を核としたITベンチャーのウィルゲート。初任給や平均年収などの基本情報をはじめ、Webマーケティング業界でのシェアや競合との比較、選考フローや過去のES・面接などの採用情報をまとめた企業研究記事です。
タイトルイメージ
お気に入り

サービス・インフラ

人気記事

株式会社ガイアックス
ソーシャルネットワーク業界において欠かせない存在価値を誇るガイアックス。初任給や平均年収などの基本情報をはじめ、ネットメディア業界でのシェアや競合との比較、選考フローや過去のES・面接などの採用情報をまとめた企業研究記事です。
タイトルイメージ
お気に入り

サービス・インフラ

人気記事

株式会社ジオコード
Webマーケティング事業を通じて、広告分野や会社案内など多くの企業にインターネットを介した新たなる価値を提供し続けるジオコード。初任給や平均年収などの基本情報をはじめ、インターネット業界でのシェアや競合との比較、選考フローや過去のES・面接などの採用情報をまとめた企業研究記事です。ESや面接への対策ポイントを徹底的に解説します!
タイトルイメージ
お気に入り

{{article.title_chip}}

人気記事

NEW

{{article.title_ls|limitTo:30}}...
{{article.description|limitTo:50}}...
あなたへのオススメ業界
タイトルイメージ
お気に入り

流通

人気記事

商社業界の概要・職種・魅力・動向 | 業界研究記事
商社業界に興味を持つ方必見の業界研究記事。事業内容や業界特有の職種などの業界概要をはじめ、やりがいや魅力、業界動向などについて解説します。商社といえば、就職先人気企業ランキング(文系・男子)において、住友商事・三菱商事・伊藤忠商事がTOP3を占めるなど、非常に人気の業界です。「平均年収ランキング(平成24-25年版)」においても、2位のテレビ業界(976万円)と200万円以上の差をつけて1位に輝きました(1187万円)。商社は、多様な製品を取り扱う総合商社と、特定の分野に特化した専門商社に分かれており、主な事業は「流通」「投資」の2つです。
タイトルイメージ
お気に入り

{{article.title_chip}}

人気記事

NEW

{{article.title_ls|limitTo:30}}...
{{article.description|limitTo:50}}...
  • {{college.name}}

{{my.name}}

{{my.college_name}}

気になる登録数:{{my.bookmark_num}}記事

よく見ている業界:{{my.industry_name}}

よく見ている職種:{{my.job_name}}

>>パスワードを忘れた方はこちら

アカウントをお持ちでない方

irootsに登録すると全ての記事を
読むことができます。
※iroots searchはirootsが提供するサービスです。
掲載企業はirootsとは一切関連がございませんので、
ご注意ください。

iroots(アイルーツ)は、あなたの意思をカタチにするファーストキャリア支援サービスです

登録する
ログイン

※iroots searchは、irootsが提供するサービスです

掲載企業はirootsとは一切関連がございませんので、

ご注意ください