アナグラム株式会社の戦略・強み・弱み・競合他社情報│企業研究記事
企業

マスコミ

2018年04月18日更新
タイトルイメージ

アナグラム株式会社の戦略・強み・弱み・競合他社情報│企業研究記事

気になるを解除

気になる

気になるを解除

シェアする

アナグラム株式会社を就職活動の観点から企業研究

強みである運用型広告を中心に展開するインターネット広告業界のアナグラムに関して、戦略・強み・弱み・競合他社について就職活動の観点から企業研究しました。
下記4つのトピックに分けてご紹介します。
    ◆ TOPIC
  • アナグラムをはじめとするスマートフォン広告業界の急成長
  • アナグラムは運用型広告のトッププレーヤー
  • アナグラムの将来展望と果たす役割
  • アナグラムの戦略・強み・弱み・競合他社のまとめ
アナグラムの年収・インターン・選考/採用情報はこちらの記事へ

アナグラムをはじめとするスマートフォン広告業界の急成長

電通「2016年 日本の広告費」によると、インターネット広告媒体費は1兆378億円で、そのうち、スマートフォン広告費は6,476億円(占有率62%)、PC広告費は3,902億円(同38%)となり、スマートフォン広告費が初めて占有率60%を超えました。前年比では、スマートフォン広告費が130%と大幅に増加しているのに対し、PC広告費は同93%で減少しています。

また、2017年の市場規模予測では、スマートフォン広告費が8,010億円、前年比で124%、一方、PC広告費は3,579億円、前年比92%と見られており、スマートフォン広告費は引き続き高成長率を維持していくことが期待される反面、PC広告費は減少傾向に。結果的には、スマートフォン広告費はインターネット広告媒体費の69%を占有するまで拡大すると予測されています。
(出典: 2016年インターネット広告市場規模推計調査~D2C/CCIが独自推計~ | ニュースリリース | 株式会社D2C(2017年4月17日) )

次に、2016年の広告種別の広告費を見てみると、インターネット広告媒体費の71%を占めるのが運用型広告費で7,383億円となっており(電通「2016年 日本の広告費」より)、予約型広告費が1,538億円(占有率15%)、成果報酬型広告費が1,457億円(同14%)と続いています。 さらに、運用型広告費の中でも、スマートフォン広告が5,020億円でPC広告の2,363億円を大きく上回り、全体で最も高い占有率48%となっています。また、予約型広告費でも、スマートフォン広告が823億円(同8%)で、PC広告の716億円(同7%)を上回る結果となっています。

広告種別・デバイス別広告費

(出典: 2016年インターネット広告市場規模推計調査~D2C/CCIが独自推計~ | ニュースリリース | 株式会社D2C )


以上のような状況から、現在、インターネット広告媒体費の60%をスマートフォン広告費が占めており、その中でも運用型広告費が突出し、インターネット広告媒体費の48%を占めていることが分かります。

アナグラムは運用型広告のトッププレーヤー

このように急成長するインターネット広告の中でも、運用型広告事業を専門とするアナグラム。強みである、インターネットのリスティング広告・Facebook広告、Twitterプロモ広告・DSP広告・動画広告の運用代行とコンサルティングを中心に事業を展開し、大企業から少人数のベンチャー企業、NPOまで、業種を問わず幅広く企業の問題解決を行っています。

アナグラムは、クライアントのビジネスを理解した上で、PCやスマートフォンで「検索」を行った時に掲載される「検索連動型広告」、または、ブログやWebサイトを閲覧時に表示される「ディスプレイ広告」、もしくはFacebookやTwitter利用時に出てくる「ソーシャルメディア広告」という、3つの広告を戦略的に組み立て、成果が最大化するように運用していくことがその役割。仕事内容としてはコンサルタントに近く、限られた広告予算の中で最高の成果をだせるよう、広告を組み合わせるのが腕の見せどころ、と言えるでょう。

ポイントは「誰よりもそのビジネスや、その先のお客様について考える」ことだとか。データを集計し、機械的に処理するような、最新鋭のテクノロジー技術も非常に重要な反面、データと人間の持つ思考を効果的に組み合わせて正しいマーケティングをクライアントに届けるのが重要だと考えているそうです。

このような事業活動が評価され、毎年2ケタの売上成長を更新。2012年度から4年で、売上は10倍以上の規模へと拡大しています。売上高は成長を表す指標のひとつすが、お客様からの期待の表れでもあると言えます。2017年度以降も持続的な企業規模成長を見込んでいるとのことです。


(出典: 【鬼の成長】ネット広告系19卒・20卒学生インターン募集。新卒採用にも直結!|アナグラム株式会社 )


その一方で、社内だけでは対応しきれないほどの仕事を創業以来継続的に受けており、実際はその多くを断っているという現状を見ると、現在のサービスクオリティを維持するためにも適当な人材確保が早急に必要な状況と言えるでしょう。

また、アナグラムの競合他社としては、アイレップオプトが挙げられます。

アナグラムの将来展望と果たす役割

リスティング広告の運用・コンサルティングを中心に事業を行ってきたアナグラムですが、近年はFacebook広告、Instagram広告やTwitter広告、各種DSPなど

irootsとは

※iroots searchは、irootsが提供するサービスです

掲載企業はirootsとは一切関連がございませんので、ご注意ください

iroots(アイルーツ)は、あなたの意思をカタチにするファーストキャリア支援サービスです
※本サイトに掲載している企業は、iroots利用企業とは一切関連がございませんのでご注意ください。また、掲載情報は、各企業のコーポレートサイト等広く一般的に周知がなされている事項に加え、就活生から得た情報を元に、当社学生ライターが中心に独自にコンテンツ化したものです。
内容については細心の注意を払っておりますが、ご利用に際しては、閲覧者各人の責任のもとにこれをご活用いただけますようお願い申し上げます。
あなたへのオススメ企業
タイトルイメージ
お気に入り

ソフトウェア・情報処理

株式会社ビズリーチ
日本初の求職者課金型転職サイト"ビズリーチ"などを運営しているビズリーチ。初任給や平均年収などの基本情報をはじめ、ITサービス業界でのシェアや競合との比較、選考フローや過去のES・面接などの採用情報をまとめた企業研究記事です。ESや面接への対策ポイントを徹底的に解説します!
タイトルイメージ
お気に入り

ソフトウェア・情報処理

株式会社モバイルファクトリー
スマートフォンに関連した事業を行うモバイルファクトリー。初任給や平均年収などの基本情報をはじめ、IT業界でのシェアや競合との比較、選考フローや過去のES・面接などの採用情報をまとめた企業研究記事です。ESや面接への対策ポイントを徹底的に解説します!
タイトルイメージ
お気に入り

サービス・インフラ

株式会社スクウェア・エニックス
ドラクエ、FFで有名なスクウェア・エニックス。初任給や平均年収などの基本情報をはじめ、ゲーム業界でのシェアや競合との比較、選考フローや過去のES・面接などの採用情報をまとめた企業研究記事です。ESや面接への対策ポイントを徹底的に解説します!
タイトルイメージ
お気に入り

サービス・インフラ

株式会社帝国データバンク
国内シェア60%を誇る信用調査会社、日本帝国データバンク。初任給や平均年収などの基本情報をはじめ、信用調査業界でのシェアや競合との比較、選考フローや過去のES・面接などの採用情報をまとめた企業研究記事です。ESや面接への対策ポイントを徹底的に解説します!
タイトルイメージ
お気に入り

{{article.title_chip}}

人気記事

NEW

{{article.title_ls|limitTo:30}}...
{{article.description|limitTo:50}}...
あなたへのオススメ業界
タイトルイメージ
お気に入り

流通

商社業界の概要・職種・魅力・動向 | 業界研究記事
商社業界に興味を持つ方必見の業界研究記事。事業内容や業界特有の職種などの業界概要をはじめ、やりがいや魅力、業界動向などについて解説します。商社といえば、就職先人気企業ランキング(文系・男子)において、住友商事・三菱商事・伊藤忠商事がTOP3を占めるなど、非常に人気の業界です。「平均年収ランキング(平成24-25年版)」においても、2位のテレビ業界(976万円)と200万円以上の差をつけて1位に輝きました(1187万円)。商社は、多様な製品を取り扱う総合商社と、特定の分野に特化した専門商社に分かれており、主な事業は「流通」「投資」の2つです。
タイトルイメージ
お気に入り

マスコミ

新聞業界の概要・職種・魅力・動向 | 業界研究記事
新聞業界に興味を持つ方必見の業界研究記事。事業内容や業界特有の職種などの業界概要をはじめ、やりがいや魅力、業界動向などについて解説します。。業界理解を深めて、内定を勝ち取りましょう!
タイトルイメージ
お気に入り

マスコミ

放送業界の概要・職種・魅力・動向 | 業界研究記事
放送業界に興味を持つ方必見の業界研究記事。事業内容や業界特有の職種などの業界概要をはじめ、やりがいや魅力、業界動向などについて解説します。。業界理解を深めて、内定を勝ち取りましょう!
タイトルイメージ
お気に入り

マスコミ

出版業界の概要・職種・魅力・動向 | 業界研究記事
出版業界に興味を持つ方必見の業界研究記事。事業内容や業界特有の職種などの業界概要をはじめ、やりがいや魅力、業界動向などについて解説します。出版業界は、情報を編集して、雑誌や漫画、書籍といった紙媒体で流通させる業種。その内容はファッション誌や冒険漫画、ミステリー小説など...分野もさまざま。読者層も内容によって分かれています。出版業界の職種としては、記者・ライター、編集・制作、法人向け新規開拓営業、法人向けルート営業、営業促進・販売促進、商品企画・プランニングがあります。主な企業としては、ベネッセコーポレーション、KADOKAWA、ぴあ、学研ホールディングス、プロトコーポレーション、ゼンリン、昭文社が挙げられます。
タイトルイメージ
お気に入り

{{article.title_chip}}

人気記事

NEW

{{article.title_ls|limitTo:30}}...
{{article.description|limitTo:50}}...
  • {{college.name}}

{{my.name}}

{{my.college_name}}

気になる登録数:{{my.bookmark_num}}記事

よく見ている業界:{{my.industry_name}}

よく見ている職種:{{my.job_name}}

  • お知らせ
  • {{my.badge}}

  • メニュー

{{announce}}

>>パスワードを忘れた方はこちら

アカウントをお持ちでない方

irootsに登録すると全ての記事を
読むことができます。
※iroots searchはirootsが提供するサービスです。
掲載企業はirootsとは一切関連がございませんので、
ご注意ください。

iroots(アイルーツ)は、あなたの意思をカタチにするファーストキャリア支援サービスです

登録する
ログイン

※iroots searchは、irootsが提供するサービスです

掲載企業はirootsとは一切関連がございませんので、

ご注意ください