ウイリス・タワーズワトソンの戦略・強み・弱み・競合他社情報│企業研究記事
企業

サービス・インフラ

2018年03月26日更新
タイトルイメージ

ウイリス・タワーズワトソンの戦略・強み・弱み・競合他社情報│企業研究記事

気になるを解除

気になる

気になるを解除

シェアする

ウイリス・タワーズワトソンを就職活動の観点から企業研究

アドバイザリー、ブローキング、ソリューションプロバイダーなどのサービスを提供するグローバルカンパニーで、100年以上にわたる福利厚生分野のコンサルティングに強みがあるコンサルティング業界のウイリス・タワーズワトソンに関して、戦略・強み・弱み・競合他社について就職活動の観点から企業研究しました。

下記4つのトピックに分けてご紹介します。
    ◆ TOPIC
  • さらなる拡大が予測されるコンサルティング市場、注目はHRテック
  • 100余年の歴史を持つ、福利厚生分野のコンサルティングファーム
  • 世界3位の保険ブローカーとの合併で挑む成長戦略とは?
  • ウイリス・タワーズワトソンの戦略・強み・弱み・競合他社のまとめ
ウイリス・タワーズワトソンの年収・インターン・選考/採用情報はこちらの記事へ

さらなる拡大が予測されるコンサルティング市場、注目はHRテック

IT専門調査会社 IDC Japan 株式会社が発表した、ビジネスとITコンサルティングで構成される「国内コンサルティングサービス市場」予測では、2016年の市場規模は前年比4.8%増の6,792億円になったとみられています。 同市場は2016年~2021年の年間平均成長率 3.9%で成長し、2021年には8,238億円にまで拡大すると予測。

この背景には、あらゆる産業分野の経営層における企業のデジタルトランスフォーメーション、DXの重要性の認識が広がったこと、さらに、新たな事業モデルや生産性向上のためにデジタル技術の活用を進めることが不可欠となっており、全てのビジネス領域で支援コンサルティングの需要が高まっていることが挙げられています。

このようの状況下で、HRテック(HR TECH)の導入によって、採用をはじめ、適材適所による適正配置、人材育成などの人事業務の効率性を大きく上げている企業が現れ始めているといいます。

HRテックとは、HR(Human Resources)× Tech(Technology)の略語。モバイルやビッグデータ解析、人工知能(AI)やクラウドサービス、IoTといったIT業界の最先端技術がHR分野と融合して生まれたサービスです。

HRテック は、クラウドやAI、ビッグデータ解析といった先端テクノロジーを企業の人事管理に取り入れ、業務の改善・代替を目指す取り組みで、その範囲は、採用、社員育成、評価、人材配置、給与計算など多岐に渡ります。

ミック経済研究所が発表した「HRTechクラウド市場の実態と展望 2016年度版」によると、2016年度のHRテッククラウド市場の規模は前年比54.0%増の119.2億円規模に。その後もさらに拡大を続けていくと見ており、2017年度は前年比54.5%増の184.2億円、成長のピークを迎える2020年を経て、2021年度には613.0億円まで達すると予測しています。

同研究所は、2016年の結果から、国内におけるHRテッククラウド市場は黎明期から成長期に入ったと見ており、その理由として、中堅中小企業を中心にワークスタイルの多様性を反映しつつ、有為な人材の確保、活用の重要度が急増していることを背景に挙げています。
(出典: HRTechクラウド市場、2016年度は54%増--成長期に移行、可視化分析に需要 - ZDNet Japan(2017年2月13日) )

100余年の歴史を持つ、福利厚生分野のコンサルティングファーム

コンサルティングファームは、大きく外資系と日系(国内系)に分けられ、さらに、戦略系、総合系、シンクタンク系、IT系、ベンダー系、ブティック系などに分類されています。その中でも今回は、ある領域にだけ特化したコンサルティングをおこなうブティック系で、人事制度構築、タレントマネジメント、企業のブランディングなど機能・テーマを特化してサービスを提供しているファームに注目したいと思います。ウイリス・タワーズワトソンです。

ウイリス・タワーズワトソンは、アドバイザリー、ブローキング、ソリューションプロバイダーなどのサービスを提供するグローバルカンパニーで、企業のリスクを成長へと転換させる支援を世界各国で行っています。その 歴史は1828年のロンドンにまで遡り、現在は世界140以上の国と地域に40,000人の社員を擁しています。

ウイリス・タワーズワトソンは、「人材」「資産」「事業構想」の密接な関係性を知ることで、企業の潜在能力を引き出すことを得意としており、多くのコンサルティング企業がマイナス面のみの改善を試みるのに対し、総合的なアプローチにより企業全体を成長へと導いています。

長年の歴史の中でつちかってきた市場分析や行動観察などの手法を駆使し、企業の隠れた真価を見い出しながら、リスク管理、福利厚生、人材育成などの様々な分野において、企業の課題に必要なソリューションを考案・提供。 また、企業の資本効率の改善や、組織と人材の一層の強化を図るなど、100年以上にわたる福利厚生分野のコンサルティング経験が強みとなっています。

また、ウイリス・タワーズワトソンの競合他社としては、マーサー ジャパン、ヘイ コンサルティンググループが挙げられます。

世界3位の保険ブローカーとの合併で挑む成長戦略とは?

数多くのコンサルティングファームがしのぎを削る中で、なぜウイリス・タワーズワトソンは1世紀を超える歴史を築くことができたのでしょうか?

その答えは同社の価値観にあります。「顧客最優先の理念」「チームワークの重視」「揺るぎない健全性」「最善の結果を目指す姿勢」。これらの価値観を根底に、常に顧客を尊重し、顧客の立場に立ったサービスを提供し続けた結果、多くの顧客と創業初期から現在に至るまで取引を続けることができたのです。

では、そんなウイリス・タワーズワトソンが、今後どのような成長戦略を描いているのか、気になりますね。まず、同社の成り立ちを見てみましょう。

実は、ウイリス・タワーズワトソンは、世界3位の保険ブローカーである英ウィリス・グループ・ホールディングスとコンサルティング会社の米タワーズワトソンとが合併 してできた会社です。

タワーズワトソンはもともと、ワトソンワイアットとタワーズペリンの合併により設立された人事・金融 コンサルタント会社で、従業員厚生給付プログラムの管理のほか、人事・報酬制度の開発、年金資産の運用アドバイス、保険・金融会社向けの戦略・財務面のアドバイス、保険コンサルティング・サービスを提供していました。

日本オフィスは1985年に設立され、組織・人事コンサルティング、退職金・年金コンサルティング、年金資産運用コンサルティング、報酬データサービス、保険コンサルティングを提供しています。

2016年の合併でウイリス・タワーズワトソンとなった今、グローバルでのアドバイザリー、ブローキング、ソリューションプロバイダーなどのサービスを幅広い顧客に対して提供できるようになったそう。「顧客最優先の理念」が働いた結果と言えるでしょう。

さらに、ブルームバーグの見解によると、一方の英ウィリスはコンサルティング事業を取得することで、米大手競合に対抗するとの見方が強いようです。ウィリスは事業展開の地理的範囲を拡大し、特殊リスクの保険を求める顧客を増やすための買収を進めているようです。

このことから、ウイリス・タワーズワトソンとしても、拠点をグローバルに拡大していく成長戦略をとっていることがわかります。今後の事業展開に注目していきたいですね。

ウイリス・タワーズワトソンの戦略・強み・弱み・競合他社のまとめ

ウイリス・タワーズワトソンは、アドバイザリー、ブローキング、ソリューションプロバイダーなどのサービスを提供するグローバルカンパニー。1

irootsとは

※iroots searchは、irootsが提供するサービスです

掲載企業はirootsとは一切関連がございませんので、ご注意ください

iroots(アイルーツ)は、あなたの意思をカタチにするファーストキャリア支援サービスです
※本サイトに掲載している企業は、iroots利用企業とは一切関連がございませんのでご注意ください。また、掲載情報は、各企業のコーポレートサイト等広く一般的に周知がなされている事項に加え、就活生から得た情報を元に、当社学生ライターが中心に独自にコンテンツ化したものです。
内容については細心の注意を払っておりますが、ご利用に際しては、閲覧者各人の責任のもとにこれをご活用いただけますようお願い申し上げます。
あなたへのオススメ企業
タイトルイメージ
お気に入り

流通

住友商事株式会社
商社のなかでも、さまざまな商品を取り扱う総合商社であり、売上高5位を誇る住友商事。初任給や平均年収などの基本情報をはじめ、商社業界でのシェアや競合との比較、選考フローや過去のES・面接などの採用情報をまとめた企業研究記事です。
タイトルイメージ
お気に入り

金融

株式会社横浜銀行
地域に貢献し同時に発展させるという役割を意識し、信頼される銀行を目指す横浜銀行。初任給や平均年収などの基本情報をはじめ銀行業界でのシェアや競合との比較、選考フローや過去のES・面接などの採用情報をまとめた企業研究記事です。
タイトルイメージ
お気に入り

メーカー

大日本印刷株式会社
電子書籍や電子公告の分野でのシェア拡大を図り、海外市場の開拓等、新しい挑戦をする大日本印刷。初任給や平均年収などの基本情報をはじめ印刷業界でのシェアや競合との比較、選考フローや過去のES・面接などの採用情報をまとめた企業研究記事です。
タイトルイメージ
お気に入り

メーカー

【企業研究】富士通株式会社の会社概要・競合他社・選考情報まとめ
既存の事業に加え、企業の課題を解決するソリューションビジネスにも注力する富士通。初任給や平均年収などの基本情報をはじめ、電機メーカー・IT業界でのシェアや競合との比較、選考フローや過去のES・面接などの採用情報をまとめた企業研究記事です。
タイトルイメージ
お気に入り

{{article.title_chip}}

人気記事

NEW

{{article.title_ls|limitTo:30}}...
{{article.description|limitTo:50}}...
あなたへのオススメ業界
タイトルイメージ
お気に入り

流通

商社業界の概要・職種・魅力・動向 | 業界研究記事
商社業界に興味を持つ方必見の業界研究記事。事業内容や業界特有の職種などの業界概要をはじめ、やりがいや魅力、業界動向などについて解説します。商社といえば、就職先人気企業ランキング(文系・男子)において、住友商事・三菱商事・伊藤忠商事がTOP3を占めるなど、非常に人気の業界です。「平均年収ランキング(平成24-25年版)」においても、2位のテレビ業界(976万円)と200万円以上の差をつけて1位に輝きました(1187万円)。商社は、多様な製品を取り扱う総合商社と、特定の分野に特化した専門商社に分かれており、主な事業は「流通」「投資」の2つです。
タイトルイメージ
お気に入り

金融

銀行業界の概要・職種・魅力・動向 | 業界研究記事
銀行業界に興味を持つ方必見の業界研究記事。事業内容や業界特有の職種などの業界概要をはじめ、やりがいや魅力、業界動向などについて解説します。。業界理解を深めて、内定を勝ち取りましょう!
タイトルイメージ
お気に入り

金融

証券業界の概要・職種・魅力・動向 | 業界研究記事
証券業界に興味を持つ方必見の業界研究記事。事業内容や業界特有の職種などの業界概要をはじめ、やりがいや魅力、業界動向などについて解説します。。業界理解を深めて、内定を勝ち取りましょう!
タイトルイメージ
お気に入り

ソフトウェア・情報処理

インターネット・通信業界の概要・職種・魅力・動向 | 業界研究記事
インターネット・通信業界に興味を持つ方必見の業界研究記事。事業内容や業界特有の職種などの業界概要をはじめ、やりがいや魅力、業界動向などについて解説します。。業界理解を深めて、内定を勝ち取りましょう!
タイトルイメージ
お気に入り

{{article.title_chip}}

人気記事

NEW

{{article.title_ls|limitTo:30}}...
{{article.description|limitTo:50}}...
  • {{college.name}}

{{my.name}}

{{my.college_name}}

気になる登録数:{{my.bookmark_num}}記事

よく見ている業界:{{my.industry_name}}

よく見ている職種:{{my.job_name}}

  • お知らせ
  • {{my.badge}}

  • メニュー

{{announce}}

>>パスワードを忘れた方はこちら

アカウントをお持ちでない方

irootsに登録すると全ての記事を
読むことができます。
※iroots searchはirootsが提供するサービスです。
掲載企業はirootsとは一切関連がございませんので、
ご注意ください。

iroots(アイルーツ)は、あなたの意思をカタチにするファーストキャリア支援サービスです

登録する
ログイン

※iroots searchは、irootsが提供するサービスです

掲載企業はirootsとは一切関連がございませんので、

ご注意ください