化学・バイオ業界の「これだけは押さえておくべき」最低限の知識│就活研究記事
業種

化学

2019年09月05日更新
タイトルイメージ

化学・バイオ業界の「これだけは押さえておくべき」最低限の知識│就活研究記事

気になるを解除

気になる

気になるを解除

シェアする


理系の学生に支持されている就職先の1つが化学・バイオ業界です。この業界にはさまざまなメーカーがあり、特に大手の化学メーカーは経営が安定しているうえ待遇も良いため、人気・難易度ともに高くなっています。

また、「独自の技術を持つ化学メーカーで、ものづくりに取り組みたい」「化学の力で社会に貢献したい」などと考えている学生にとっては、能力を発揮できる理想的な職場でもあるでしょう。


今回は、そんな化学・バイオ業界に興味を持つ就職活動中の皆さんに、同業界の歴史から、概要、市場規模、最近の動向のほか、気になる年収や化学・バイオ業界に向いている人物像などを紹介していきたいと思います。


肥料、染料から高機能繊維、電子材料も生む。200年の歴史を持つ化学業界



1800年代に確立された化学理論を契機として約200年の歴史を有する化学産業。当初は簡素な化学合成による肥料や染料などの製造が行われました。後に技術の進歩にともない、製造品目が急速に増加。

1900年前後になると医薬品や産業ガス、合成繊維などの製造が始まり、1920年代には、石油精製業の成長を背景に石油化学工業が栄え、事業領域の拡大が加速しました。


第二次世界大戦以降は、耐熱性、耐薬品性など高い機能性が求められる航空機、 自動車、エレクトロニクスなどの分野で多様なニーズに応じた製品開発が行われ、高機能繊維や電子材料といった石油化学・合成繊維の技術を応用した新たな事業領域が登場しました。


■化学産業の沿革



出典: 三菱UFJ銀行


現在、国内における化学産業は雇用86万人を支え、出荷額は約40兆円(全製造業の約14%)、付加価値額は 約15兆円(全製造業の約17%)を誇り、いずれも輸送用機械器具製造業に次ぐ第2位のポジションにあります。さらに、自動車や電子機器など様々な分野に必要不可欠な素材を供給する日本の基盤産業となっています。


原材料から新たな製品を製造する。以外に身近な化学・バイオ石油業界



化学・バイオ業界が作る製品と聞いて思い浮かべるのは難しいですが、簡単にいうとプラスチックや合成ゴム、合成繊維などの化学石油素材を生み出しています。それらは、液晶フィルムやペットボトル、洗剤、洋服や携帯電話など、私たちの生活に密着している製品の材料として使われていると知ると親しみを感じるのではないでしょうか。

同業界の中心的存在である化学メーカーは、業態により総合化学メーカー、誘導品メーカーなどに分類されます。


総合化学メーカーは、基礎原料(石油化学誘導品のもとになる原料。エチレンなど)を素に中間製品(プラスチック・合成繊維・合成ゴムなど)を作り、中間製品から最終の製品を生み出す一貫生産を行う企業のことを指します。


主な総合化学メーカー:三菱ケミカルホールディングス、住友化学旭化成三井化学 など


また、主に基礎原料を用いて川中にあたる誘導品(基礎化学原料から化学反応によって生成される各種の製品)を生産している、主要メーカーは以下のとおり


主な誘導品メーカー:信越化学工業、東レ、帝人、JSR など


身近な化学製品と言えば、洗剤、化粧品、医薬品ですが、これらの製品は最終製品と呼ばれ、自動車・家電製品・日用雑貨・アパレル・医薬品など幅広い分野のメーカーが携わっています。

例えば、石けん、シャンプー、洗剤、おむつ・生理用品、歯ブラシ、歯磨き粉などの日用品を扱うのがトイレタリー業界です。


主なトイレタリーメーカー:花王ユニ・チャームライオン、プロクター・アンド・ギャンブル (P&G)、資生堂 など


また、近年は付加価値の高い製品の比率を高めようとする大手メーカーが、バイオ事業に舵を切ったり、斬新な技術を持つベンチャー企業と組んだりするケースも増えてきています。


主なバイオ関連企業:富士フイルムサントリー、アサヒグループホールディングス、タカラバイオ など


化学・バイオのグローバル市場規模は約5兆4000億ドル。今後も堅調に推移と予想

化学製品のグローバルにおける市場規模は、2014年時点で約5兆4000億ドル(約570兆円。2018年8月22日現在)。直近10年間の推移をみると、リーマンショック直後の2009年以外は一貫してプラス成長となっています。

地域別では経済成長が著しい中国などの新興国が市場拡大を牽引。下記のグラフからは、市場全体に占める新興国の割合が2005年の4割から足元では6割まで増加していることがわかります。


■グローバルにおける化学市場の規模推移



出典: 三菱UFJ銀行


化学製品は幅広い用途で利用されているため、各国における化学品市場の規模はその国の経済規模に対応しています。今後も高い経済成長が期待されるインド、 中国をはじめとする新興国地域が市場拡大を牽引する見通しです。


■グローバルにおける化学市場の見通し



出典: 三菱UFJ銀行


高付加価値へのシフトで課題を克服する化学・バイオ業界

経済産業省の「世界の石油化学製品の今後の需給動向」によると、近年、中国や中東などで基礎製品や中間製品を生産するプラントが数多く新・増設されています。

2016年末時点で1億7460万トンだった世界のエチレン生産能力は、2020年末には2億1290万トンと、3830万トンも拡大する見通しに。今後も、中国、インドは需要超過幅が拡大すると予想されているほか、すでに中東ではエチレンの供給が需要を大幅に上回っている状況にあります。


長期的に世界中で基礎製品・中間製品が供給過多となり、価格競争が激化すると見られることから、日本の化学メーカー各社は事業ポートフォリオ(企業が手がける事業の組み合わせ方)の再構築を図ってきました。

汎用品が多い石油化学事業への依存から脱却する一方、自社が持つ独自の技術力を生かして電子材料など高収益の製品を育て、事業構造の転換に成功しつつあります。


他社にはまねできない「オンリーワン製品」の創出を競い合うようになっており、同じ総合化学メーカーでも事業は重複しなくなってきているとか。他の国内産業が国際競争力を失う中で、ここ10年はほぼ右肩上がりの成長を続けてきました。

化学産業は、自動車や家電、医薬品や化粧品といった生活に身近な製品から、航空宇宙などの科学技術分野まで、あらゆる場面で素材を提供。環境問題をはじめ、グローバルに解決しなければならない問題が急増する中、化学産業に寄せられる期待は大きくなる一方です。


⽇本の強みを活かしたバイオエコノミーの実現



化学・バイオ業界ではバイオエコノミー(Bioeconomy)という、バイオテクノロジーを活用して経済成長を図る概念が注目を集めており、2030年には約200兆円の巨大市場となる成長が見込まれています。

この背景には、ゲノム(DNAのすべての遺伝情報)の集積や分析、⽣物機能の改変・発現などにかかわる急速な技術⾰新の進展があり、バイオ経済を加速させる動きが形成されつつあります。


日本では経済産業省が「スマートセルインダストリー」を推進。「⾼度に機能がデザインされ、機能の発現が制御された⽣物細胞」であるスマートセルを利用した産業群、スマートセルインダストリーの構築に向け、戦略的な取り組みが急がれています。

スマートセルインダストリーとなるのは健康・医療分野だけでなく、⼯業分野、農業分野、エネルギー・環境分野にまでおよび、産業構造に⼤変⾰をもたらすことで⼈類が直⾯する地球規模の諸問題を解決する可能性も秘めています。


日本には、発酵産業の伝統による⽣物育種のノウハウの蓄積や、発酵⽣産プロセスの制御、要素研究や⽣産物の分析技術、⽣物代謝解析等基礎研究技術分野などに強みがあることから、世界に先駆けてバイオエコノミーを実現し、牽引していくことが期待されています。


化学・バイオ業界の仕事とは?向いているのはこんな人



続いて、大手化学メーカーを例に化学・バイオ業界の仕事内容について見ていきたいと思います。職種としては主に事務系と技術系があり、事務系は、営業、事業管理、生産管理、経理、人事、総務、購買、物流、情報システム、知的財産などに携わる一方、技術系は、研究開発をはじめ、生産技術・製造、設備技術などの職種に就きます。


では、そんな化学メーカーで働く上でどんな心構えが求められるのでしょうか?化学メーカーのビジネスの特徴として、社会的責任が大きいこと、そして、莫大な費用と時間がかかることが挙げられます。そのため、「今さえ良ければよい」といった短期的な視点ではなく、「何が真に求められているのか」ということを常に考えて行動できる能力が必要に。

また、大手化学メーカーはさまざまな機能を持っているため、多くの人々が協力し合うことで会社が成り立っています。だからこそ、リーダーシップを発揮しつつも、チームプレイの中で仕事の楽しさを見つけられる人が向いていると言えるでしょう。


さらに、大手化学メーカーのほとんどは海外売上収益高比率が高いグローバル企業で、その核となるのは多様性の尊重です。加えて、労をいとわず、常にポジティブな志を持ち続けられる、新たなビジネスを生み出して社会に貢献したいという高い志を持っていることも重要です。

また最近の傾向として、大手化学メーカーは次世代の市場を見据えバイオ関連製品の研究開発に注力しています。その研究内容は、自社の化学技術をバイオ分野へ応用する研究がメイン。ですから、化学出身者が入社後にバイオの知識を習得するパターンが多く、化学出身者でも社員になってからバイオの勉強する必要がでてくるかもしれません。


化学・バイオ業界年収ランキング。トップは三菱ケミカルホールディングス

続いて、気になる化学・バイオ業界の年収を企業別ランキングで見てみましょう。


■化学・バイオ業界の平均年収ランキング





(出典:平均年収ランキングUllet(ユーレット))

圧倒的なトップとなったのが1737万円の三菱ケミカルホールディングス。メーカーとしては、異例ともいえる高水準です。グループの従業員数は約7万人で子会社・関連会社は700社を超しますが、そのグループを率いる同社の従業員数は115名(2019年3月末現在)と小規模です。

少数精鋭で、戦略策定機能の強化や新事業創出などを担う重要なポジションにあることがうかがえます。年収が高いメンバーで構成されているのでしょう。


また、第2位のウルトラファブリックホールディングスも1281万円と、1000万円を超える高給です。あまりなじみのない企業名かもしれませんが、本物の革よりも軽くて強度に優れた合成皮革を手掛けるメーカーで、海外の航空会社や自動車メーカーから注目を集めており、業績は右肩上がりとなっています。

3位以下は比較的、有名な企業が続いており、年収も800万~900万円代で業界全体としては高水準にあると言えるでしょう。


化学・バイオ業界を志望するなら知っておきたいトレンドワード



続いて、化学・バイオ業界で使われている用語や話題の言葉を8つ厳選して紹介していきます。前述で触れている言葉もいくつかありますね。


エチレン
さまざまな化学製品の基礎となる物質。日本では原油を精製してできたナフサからエチレンを作りますが、アメリカでは天然ガス中のエタンからエチレンを作るケースが多くなっています。

エチレンセンター
エチレンを生産する設備であるエチレンプラントを中心とした、石油化学コンビナート(一定の地域において、製品の種類や生産手段の違ういくつかの生産部門や企業が技術的に結びついた生産体系)。

セルロースナノファイバー
木材繊維を太さ数ナノ~数十ナノメートル(ナノメートルは10億分の1メートル)という細さに微細化した繊維を指します。鉄より軽くて強度が高く、透明で熱を加えても膨張しにくいのが特徴。

ゲノム
遺伝子(gene)と染色体(chromosome)から合成された言葉で、DNAのすべての遺伝情報を指します。

CRISPR-Cas9
clustered regularly interspaced short palindromic repeats / CRISPR associated proteinsの略。ゲノム配列の任意の場所を削除、置換、挿入することができる新しい遺伝子改変技術。カスタム化が容易であることから、ヒトやマウスなどの哺乳類細胞をはじめ、細菌、寄生生物など膨大な種類の細胞や生物種において急速に利用されています。

高機能素材
材料に特殊な機能を持たせることで、最終製品の付加価値向上を実現した素材。炭素繊維・セルロースナノファイバー・リチウムイオン電池材料などがその代表。

スマートセルインダストリー
スマートセル(生物細胞が持つ物質生産能力を人工的に最大限まで引き出し、最適化した細胞)を使って、各分野の高機能品を生産する新たな産業群。

バイオエコノミー
生物資源(バイオマス)やバイオテクノロジーを活用して、気候変動や食糧問題など地球規模の課題を解決し、長期的に持続可能な成長を目指す概念。欧州では2000年代 半ばから、バイオエコノミー実現に向けた産業育成が政策的取り組みになっています。


夢の繊維「クモの糸」からミドリムシ、遺伝子解析、腸内デザインのスタートアップ動向

大手化学メーカーが高付加価値製品へシフトしている化学・バイオ業界におけるベンチャー企業の動向にも注目してみたいと思います。


たとえば、慶應義塾大学発のベンチャー企業であるSpiber(スパイバー)は、クモの糸の特性を生かした新たな素材「QMONOS(クモノス)」を開発。鋼鉄より強くてナイロンより伸縮性が高く、軽くて熱に強いといった特徴を持ち、自動車や医療機器、アパレルなどで需要拡大が期待されています。

また、世界で初めて微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ)の食用屋外大量培養技術の確立に成功したユーグレナ社。石垣島で生産した微細藻類ユーグレナ・クロレラなどを活用した機能性食品や化粧品などの開発・販売、バイオ燃料の生産に向けた研究のほか、地球環境や栄養問題をはじめとする社会課題の解決を目指した事業を展開しています。


■地上波テレビCM「ユーグレナに新発見!」。ユーグレナ社執行役員研究開発担当の鈴木氏(医学博士)が解説。



出典: ユーグレナ


また、2017年10月にユーグレナグループに参画したジーンクエスト社も紹介しましょう。同社は国内で初めて大規模遺伝子解析サービスを消費者向けに展開。生活習慣病など疾患のリスクや体質の特徴など約300項目におよぶ遺伝子を調べ、病気や形質に関係する遺伝子をチェックできるサービスを提供しています。


そのほか、腸内環境を適切にデザインすることで病気ゼロの実現を目指しているのが、メタジェン社。慶應義塾大学の特任教授である福田氏のビジネスプラン、「便から生み出す健康社会」がバイオサイエンスグランプリにて最優秀賞を受賞したことを機に同社を設立。

腸内デザイン」をコンセプトに様々な事業会社と連携して研究開発を推進する企業プラットフォーム「腸内デザイン応援プロジェクト」などの活動を行っています。


今後の各社のさらなる動向も注目していきましょう。


化学・バイオ業界に興味があるなら必ずおさえておきたいインターン情報

最後に、化学・バイオ業界に興味がある人必見のインターンシップ情報です。今回は、就活生に人気の高い、花王、積水化学、三菱ケミカ

irootsとは

※iroots searchは、irootsが提供するサービスです

掲載企業はirootsとは一切関連がございませんので、ご注意ください

iroots(アイルーツ)は、あなたの意思をカタチにするファーストキャリア支援サービスです
化学業界の現状と展望2020
化学産業の現況・市場・今後の動向
スマートセルインダストリーの実現に向けた取組
世界の石油化学製品の 今後の需給動向(総論)
化学素材産業の存在感が増している理由 | 経済界
採用メッセージ | MESSAGE | 住友化学株式会社
バイオ分野の仕事に就くには? | 理系の仕事に関するよくある質問集 | 理系・研究職の求人転職はChall-edge(チャレッジ)
平均年収ランキング - 化学 - 平均年収順 1~20位 | Ullet(ユーレット)
欧州が主導するバイオエコノミー政策と世界的なイノベーションの動き
ゲノムとは?|バイオのはなし|中外製薬
特集:CRISPR-Cas9 とは DNA二本鎖を切断してゲノム配列の任意の場所を削除、置換、挿入することができる新しい遺伝子改変技術 | DNA二本鎖を切断してゲノム配列の任意の場所を削除、置換、挿入することができる新しい遺伝子改変技術 | コスモ・バイオ株式会社
Spiber株式会社
株式会社ユーグレナ | 公式ホームページ
Genequest [ジーンクエスト] | 日本初、大規模遺伝子検査・解析サービス
トップページ | 株式会社メタジェン
花王 | インターンシップ(就業体験)について
インターンシップ | 世界をもっとKAITEKIに、ケミカルで、できること。|三菱ケミカル株式会社 新卒採用サイト
積水化学工業株式会社 2019年度インターンシップ
インターンシップ|新卒採用サイト|ユニ・チャーム
インターンシップ|ライオン2020年度新卒採用サイト
※本サイトに掲載している企業は、iroots利用企業とは一切関連がございませんのでご注意ください。また、掲載情報は、各企業のコーポレートサイト等広く一般的に周知がなされている事項に加え、就活生から得た情報を元に、当社学生ライターが中心に独自にコンテンツ化したものです。
内容については細心の注意を払っておりますが、ご利用に際しては、閲覧者各人の責任のもとにこれをご活用いただけますようお願い申し上げます。
あなたへのオススメ企業
タイトルイメージ
お気に入り

メーカー

美津濃株式会社
スポーツブランド「ミズノ」を扱う美津濃株式会社。初任給や平均年収などの基本情報をはじめ、スポーツ用品業界でのシェアや競合との比較、選考フローや過去のES・面接などの採用情報をまとめた企業研究記事です。ESや面接への対策ポイントを徹底的に解説します!
タイトルイメージ
お気に入り

メーカー

日本トーカンパッケージ株式会社
環境を守りつつ食品容器やダンボールを扱う日本トーカンパッケージ株式会社。初任給や平均年収などの基本情報をはじめ、包装容器業界でのシェアや競合との比較、選考フローや過去のES・面接などの採用情報をまとめた企業研究記事です。ESや面接への対策ポイントを徹底的に解説します!
タイトルイメージ
お気に入り

メーカー

日本乳化剤株式会社
日本乳化EOなど競争力の高い素材を製造する日本乳化剤株式会社。初任給や平均年収などの基本情報をはじめ、界面活性剤業界でのシェアや競合との比較、選考フローや過去のES・面接などの採用情報をまとめた企業研究記事です。ESや面接への対策ポイントを徹底的に解説します!
タイトルイメージ
お気に入り

メーカー

株式会社大協精工
BtoBで医療用素材を提供する株式会社大協精工。初任給や平均年収などの基本情報をはじめ、製薬業界でのシェアや競合との比較、選考フローや過去のES・面接などの採用情報をまとめた企業研究記事です。ESや面接への対策ポイントを徹底的に解説します!
タイトルイメージ
お気に入り

{{article.title_chip}}

人気記事

NEW

{{article.title_ls|limitTo:30}}...
{{article.description|limitTo:50}}...
あなたへのオススメ業界
タイトルイメージ
お気に入り

医薬品

医薬品業界の「これだけは押さえておくべき」最低限の知識│就活研究記事
医薬品業界に興味を持つ方必見の業界研究記事。事業内容や業界特有の職種などの業界概要をはじめ、やりがいや魅力、業界動向などについて解説します。。業界理解を深めて、内定を勝ち取りましょう!
タイトルイメージ
お気に入り

メーカー

化学業界の概要・職種・魅力・動向 | 業界研究記事
化学業界に興味を持つ方必見の業界研究記事。事業内容や業界特有の職種などの業界概要をはじめ、やりがいや魅力、業界動向などについて解説します。。業界理解を深めて、内定を勝ち取りましょう!
タイトルイメージ
お気に入り

メーカー

ゴム・ガラス・セメント業界の概要・職種・魅力・動向 | 業界研究記事
ゴム・ガラス・セメント業界に興味を持つ方必見の業界研究記事。事業内容や業界特有の職種などの業界概要をはじめ、やりがいや魅力、業界動向などについて解説します。。業界理解を深めて、内定を勝ち取りましょう!
タイトルイメージ
お気に入り

メーカー

紙・パルプ・印刷・インキ業界の概要・職種・魅力・動向 | 業界研究記事
紙・パルプ・印刷・インキ業界に興味を持つ方必見の業界研究記事。事業内容や業界特有の職種などの業界概要をはじめ、やりがいや魅力、業界動向などについて解説します。。業界理解を深めて、内定を勝ち取りましょう!
タイトルイメージ
お気に入り

{{article.title_chip}}

人気記事

NEW

{{article.title_ls|limitTo:30}}...
{{article.description|limitTo:50}}...
  • {{college.name}}

{{my.name}}

{{my.college_name}}

気になる登録数:{{my.bookmark_num}}記事

よく見ている業界:{{my.industry_name}}

よく見ている職種:{{my.job_name}}

>>パスワードを忘れた方はこちら

アカウントをお持ちでない方

irootsに登録すると全ての記事を
読むことができます。
※iroots searchはirootsが提供するサービスです。
掲載企業はirootsとは一切関連がございませんので、
ご注意ください。

iroots(アイルーツ)は、あなたの意思をカタチにするファーストキャリア支援サービスです

登録する
ログイン

※iroots searchは、irootsが提供するサービスです

掲載企業はirootsとは一切関連がございませんので、

ご注意ください