東映株式会社の戦略・強み・弱み・競合他社情報│企業研究記事
企業

エンターテイメント

2019年09月12日更新
タイトルイメージ

東映株式会社の戦略・強み・弱み・競合他社情報│企業研究記事

気になるを解除

気になる

気になるを解除

シェアする

東映株式会社を就職活動の観点から企業研究

映画をはじめとする多様な映像制作を中心に多角的な展開を行う総合コンテンツ企業で、3,307以上もの劇場用映画を所有するなど、コンテンツタイトル数に強みがあるほか、DVD化・映像配信などの2次的利用の展開により利益を最大化できることに強みがあることで有名な映画業界の東映株式会社に関して、戦略・強み・弱み・競合他社について就職活動の観点から企業研究しました。

下記4つのトピックに分けてご紹介します。

    ◆ TOPIC
  • 国内映画市場規模は約2,000億円。邦画の好調が下支えに
  • エンターテインメントで多くの人々に感動を届ける総合コンテンツ企業
  • 「映像」は常に不変。未来も「映像製作会社」であり続ける
  • 東映株式会社の戦略・強み・弱み・競合他社のまとめ
東映株式会社の年収・インターン・選考/採用情報はこちらの記事へ

国内映画市場規模は約2,000億円。邦画の好調が下支えに

内閣府知的財産戦略推進事務局の調査によると、日本国内のコンテンツ市場が約12兆円規模と横ばいで推移しているのに対し、海外の市場規模は年5.0%程度の成長見通しとなっており、日本のコンテンツ産業の発展に向けては、海外展開の加速化が重要と見られています。

また、国内おける映画市場は約2,000億円程度で推移しています。

長く米国に次ぐ世界第2位の規模でしたが、近年は中国市場が急速に拡大しており、その差も大きくなりつつあります。


■日本、中国、北米の映画興行収入比較(2011年~2015年)


出典: 内閣府


2015年度の国内興行収入は2,171億円で前年度からの微増ですが、特筆すべきは邦画の占める割合が55.4%と半数以上を占めていること。

テレビ局による映画事業の展開などにより邦画の好調が続いており、国民に根強く定着していることがうかがえます。


エンターテインメントで多くの人々に感動を届ける総合コンテンツ企業



今回は、「総合コンテンツ企業」を目指し、より多くの人々に感動を届けるエンターテインメントの創造・発信に取り組んでいる、東映を紹介していきます。

映画の製作と配給を行う興行会社で、直営の映画館や撮影所も保有してることから、東映といえば、映画をイメージする人も多いのではないでしょうか。

しかし同社が手がける事業は映画だけではありません。


テレビ映画の製作・配給とともに、これらの作品に登場するキャラクターの商品化権許諾のほか、映像版権に関する許諾などを行い2次的利用の展開により利益を最大化していることが強みで、得意分野である「映像」につながる事業、あるいは「映像」から派生する事業を展開しています。


東映は、創立初期に人気を博した時代劇をはじめとして、高倉健主演の任侠映画や菅原文太主演の「仁義なき戦い」などにより実録路線というジャンルを確立し、映画界で確固たる地位を築いた歴史や、いち早く取り組んだテレビ事業により、数多くの良質なコンテンツを有している強みがあります。

劇場用映画数3,307作品、テレビ映画数2,587作品、教育映画2,506作品など、圧倒的な数を誇ります。

加えて、ホテルや劇場、東映太秦映画村など、多角的な経営も特徴的です。


「映像」は常に不変。未来も「映像製作会社」であり続ける



映画興行は3Dを始めとする上映形式やODS(非映画デジタルコンテンツ)、イベント上映などの新たな興行形態が生まれ、テレビも地上デジタル放送からBS・CS放送まで視聴者拡大の傾向が見られるほか、新たな映像配信サービスも次々に展開されるなど、映像娯楽産業を取り巻く環境は劇的な変化を続けています。


こうした状況の中でも東映は、一貫した製作体制のもとさまざまな作品にチャレンジし続け、現在も未来も東映が続く限り「映像製作会社」であり続けるといいます。

めまぐるしく変化するエンターテインメントの世界ですが、映像を楽しむ媒体が映画からテレビ、DVD、スマートフォンなどに変わっただけで、「映像」は常に不変で、求められているため。

東映は今後も、「映像は大衆のものである」という庶民目線で作品づくりをし、実写映画、アニメーション、テレビドラマなど、そこから派生したヒーローショー・舞台・文化催事までジャンルを問わず幅広い領域でのコンテンツづくりに挑戦し続けていきます。


東映の戦略・強み・弱み・競合他社のまとめ

映画業界の東映株式会社は、映画をはじめとする多様な映像制作を中心に多角的な展開を行う総合コンテンツ企業で、3,307以上もの劇場用映画

irootsとは

※iroots searchは、irootsが提供するサービスです

掲載企業はirootsとは一切関連がございませんので、ご注意ください

iroots(アイルーツ)は、あなたの意思をカタチにするファーストキャリア支援サービスです
※本サイトに掲載している企業は、iroots利用企業とは一切関連がございませんのでご注意ください。また、掲載情報は、各企業のコーポレートサイト等広く一般的に周知がなされている事項に加え、就活生から得た情報を元に、当社学生ライターが中心に独自にコンテンツ化したものです。
内容については細心の注意を払っておりますが、ご利用に際しては、閲覧者各人の責任のもとにこれをご活用いただけますようお願い申し上げます。
あなたへのオススメ企業
タイトルイメージ
お気に入り

サービス・インフラ

日本電波塔株式会社
東京タワーを経営する日本電波塔株式会社。初任給や平均年収などの基本情報をはじめ、観光・不動産業界でのシェアや競合との比較、選考フローや過去のES・面接などの採用情報をまとめた企業研究記事です。ESや面接への対策ポイントを徹底的に解説します!
タイトルイメージ
お気に入り

ソフトウェア・情報処理

株式会社日本総研情報サービス
金融業界の基幹システムを扱う株式会社日本総研情報サービス。初任給や平均年収などの基本情報をはじめ、システム運用・データ処理業界でのシェアや競合との比較、選考フローや過去のES・面接などの採用情報をまとめた企業研究記事です。ESや面接への対策ポイントを徹底的に解説します!
タイトルイメージ
お気に入り

ソフトウェア・情報処理

日本電子計算株式会社
証券や金融などのソフト開発を行う日本電子計算株式会社。初任給や平均年収などの基本情報をはじめ、ソフト開発業界でのシェアや競合との比較、選考フローや過去のES・面接などの採用情報をまとめた企業研究記事です。ESや面接への対策ポイントを徹底的に解説します!
タイトルイメージ
お気に入り

インターネット・通信

株式会社オービックの戦略・強み・弱み・競合他社情報│企業研究記事
情報・通信業界の株式会社オービックに関して戦略・強み・弱み・競合他社情報について就職活動の観点から企業研究しました。1968年の創業以来掲げている企業理念は、「お客様第一主義」。これを全うするため自社一貫体制にこだわり、中堅企業における基幹業務システムの実績で圧倒的な強さを誇る、老舗中の老舗システムインテグレータです。競合として、大塚商会が挙げられます。
タイトルイメージ
お気に入り

{{article.title_chip}}

人気記事

NEW

{{article.title_ls|limitTo:30}}...
{{article.description|limitTo:50}}...
あなたへのオススメ業界
タイトルイメージ
お気に入り

出版

出版業界の「これだけは押さえておくべき」最低限の知識│就活研究記事
出版業界に興味を持つ方必見の業界研究記事。事業内容や業界特有の職種などの業界概要をはじめ、やりがいや魅力、業界動向などについて解説します。出版業界は、情報を編集して、雑誌や漫画、書籍といった紙媒体で流通させる業種。その内容はファッション誌や冒険漫画、ミステリー小説など...分野もさまざま。読者層も内容によって分かれています。出版業界の職種としては、記者・ライター、編集・制作、法人向け新規開拓営業、法人向けルート営業、営業促進・販売促進、商品企画・プランニングがあります。主な企業としては、ベネッセコーポレーション、KADOKAWA、ぴあ、学研ホールディングス、プロトコーポレーション、ゼンリン、昭文社が挙げられます。
タイトルイメージ
お気に入り

ソフトウェア・情報処理

ITサービス・ソフトウェア業界の概要・職種・魅力・動向 | 業界研究記事
ITサービス・ソフトウェア業界に興味を持つ方必見の業界研究記事。事業内容や業界特有の職種などの業界概要をはじめ、やりがいや魅力、業界動向などについて解説します。。業界理解を深めて、内定を勝ち取りましょう!
タイトルイメージ
お気に入り

サービス・インフラ

エンターテイメント業界の「これだけは押さえておくべき」最低限の知識│就活研究記事
エンターテイメント業界に興味を持つ方必見の業界研究記事。事業内容や業界特有の職種などの業界概要をはじめ、やりがいや魅力、業界動向などについて解説します。エンターテイメント業界は「ダイヤモンド就活ナビ」でも男女共に人気の業種。特にオリエンタルランドは順位も高いものとなっています。他にも講談社やバンダイ、TBSテレビ、テレビ朝日、集英社、ジェイティービー(JTB)グループなど...よく耳にする企業が名前を並べています。「業界ランキング」では、「高収益率」にレジャー産業が3位、「伸び率」にモバイルが1位とインターネットが2位、「平均年収」にテレビが2位と入っています。
タイトルイメージ
お気に入り

マスコミ

放送業界の概要・職種・魅力・動向 | 業界研究記事
放送業界に興味を持つ方必見の業界研究記事。事業内容や業界特有の職種などの業界概要をはじめ、やりがいや魅力、業界動向などについて解説します。。業界理解を深めて、内定を勝ち取りましょう!
タイトルイメージ
お気に入り

{{article.title_chip}}

人気記事

NEW

{{article.title_ls|limitTo:30}}...
{{article.description|limitTo:50}}...
  • {{college.name}}

{{my.name}}

{{my.college_name}}

気になる登録数:{{my.bookmark_num}}記事

よく見ている業界:{{my.industry_name}}

よく見ている職種:{{my.job_name}}

>>パスワードを忘れた方はこちら

アカウントをお持ちでない方

irootsに登録すると全ての記事を
読むことができます。
※iroots searchはirootsが提供するサービスです。
掲載企業はirootsとは一切関連がございませんので、
ご注意ください。

iroots(アイルーツ)は、あなたの意思をカタチにするファーストキャリア支援サービスです

登録する
ログイン

※iroots searchは、irootsが提供するサービスです

掲載企業はirootsとは一切関連がございませんので、

ご注意ください