オムロングループの戦略・強み・弱み・競合他社情報│企業研究記事
企業

電機・電子部品・半導体

2019年10月04日更新
タイトルイメージ

オムロングループの戦略・強み・弱み・競合他社情報│企業研究記事

気になるを解除

気になる

気になるを解除

シェアする

オムロングループを就職活動の観点から企業研究

社会のニーズを捉えて世に先駆ける商品を次々と開発し、事業を通じて社会の発展と人々の生活の向上に貢献。

結果、世界117か国で約35,000人が働くグローバルカンパニーへと飛躍を果たしました。

主力事業の「制御機器事業」で国内No.1、シェア40%を誇るほか、様々のナンバーワン技術を有しているという強みを持つことで有名なFA・制御機器業界のオムロングループに関して、戦略・強み・弱み・競合他社について就職活動の観点から企業研究しました。

下記4つのトピックに分けてご紹介します。

    ◆ TOPIC
  • 次世代型FA機器・システム市場規模、2022年に6兆9,616億円へ
  • グループ力を結集し、幅広い事業フィールドでよりよい社会の実現に貢献
  • 4つの注力領域でソーシャルニーズの創造に取り組む成長戦略
  • オムロングループの戦略・強み・弱み・競合他社のまとめ
オムロングループの年収・インターン・選考/採用情報はこちらの記事へ



次世代型FA機器・システム市場規模、2022年に6兆9,616億円へ

総合マーケティングビジネスの富士経済は、日本の「次世代型スマート工場」や、ドイツの「Industrie4.0(インダストリー4.0」、アメリカの「 Industrial Internet(インダストリアルインターネット)」など、情報通信技術を活用した次世代型ものづくりに不可欠な工場の自動化であるFA(Factory Automation)機器・システム29品目の世界市場を調査。

それによると、インテリジェント生産システム・コントローラ・製造装置、セーフティシステム、ネットワークといった次世代型FA機器・システム市場は、2015年に1兆9,800億円だったものが、2022年には6兆9,616億円に拡大すると予想しています。


■急激な拡大が予測される次世代型FA機器・システム市場


出典: 富士経済


2013年にドイツで提唱された「Industrie4.0」は、製造業のデジタル化・コンピューター化を目的としています。世界で同様の動きが広がっており、コンセプト作りの段階を経て具体化の段階に進んでいるのが現状。

今後、さらにモノづくりにおけるICTや、あらゆるものがネットにつながるという考え方であるIoT(Internet of Things)の重要性は増していくとみられています。


グループ力を結集し、幅広い事業フィールドでよりよい社会の実現に貢献

今回は、企業理念の実践を通じ、事業を通して社会的課題の解決や人々の生活の向上に貢献する、オムロングループを紹介していきます。

オムロンの創業者は、ベンチャー企業人の草分けの1人として知られる立石一真氏。1933年立石電機製作所を創業し、 レントゲン写真撮影用タイマーの製造を開始しました。そんなオムロンの発展の原動力となったのが、1959年につくった会社の憲法である「社憲」です。

「われわれの働きで われわれの生活を向上し よりよい社会をつくりましょう」という精神の下、社会のニーズを捉えて世に先駆ける商品を次々と開発。その結果、事業を通じて社会の発展と人々の生活の向上に貢献し、今では世界117か国で約35,000人が働くグローバルカンパニーへと飛躍を果たしました。


現在オムロングループは、オムロンとその子会社150社(国内29社、海外121社)、関連会社20社(国内9社、海外11社)で構成されており(2019年3月31日現在)、電気機械器具をはじめ、電子応用機械器具、精密機械器具、医療用機械器具、その他の一般機械器具の製造・販売やこれらに付帯する業務を中心とした事業を展開しています。


■オムロングループの事業領域


出典: オムロン


オムロングループの主力事業は工場の自動化により、世界のモノづくり革新をリードする「制御機器事業」。制御機器関連は国内No.1、シェア40%を誇ります。また、「ヘルスケア事業」の家庭用電子血圧計は世界シェア50%を、「社会システム事業」の駅務機器は国内トップシェアの50%、「車載事業」では軽自動車向けボディ制御ユニットの国内市場シェアで35%を誇っています。

さらに、「電子部品事業」のリレーにおける世界市場シェアは20%、「環境エネルギー事業」の住宅向けソーラーパワーコンディショナは国内シェア35%を誇るなど、様々なナンバーワンを有していることが強みとなっています。

そんなオムロングループの2018年度における売上高は約8,600億円。その中でもほぼ半分の売上高を占めるのが制御機器事業のインダストリアルオートメーションビジネスとなっています。


4つの注力領域でソーシャルニーズの創造に取り組む成長戦略

2011年に10年間の長期ビジョン「Value Generation 2020(VG2020)」を策定したオムロングループが、2017年度にスタートした中期経営計画「VG2.0」は、その最終ステージであるとともに、VG2020以降の社会の変化も見据えた成長戦略です。

新たな社会的課題の顕在化が想定される「ファクトリーオートメーション」「ヘルスケア」「モビリティ」「エネルギーマネジメント」の4つを注力領域とし、コア技術である「センシング&コントロール+Think」を軸とした技術の進化を起点に、お客様やパートナーとのオープンイノベーションにより、ソーシャルニーズの創造に取り組むことを方針としています。


■VG2.0で目指す姿


出典: オムロン


オムロングループは人と地球の「いま」を「明日」に最適化していく企業となるため、さらなる技術革新に積極的に挑戦することで、国連が2030年をゴールとして定めた持続可能な開発目標「SDGs(Sustainable Development Goals)」に貢献しながら、質量兼備の地球価値創造企業を目指しています。


オムロングループの戦略・強み・弱み・競合他社のまとめ

FA・制御機器業界のオムロングループは、社会のニーズを捉えて世に先駆ける商品を次々と開発し、事業を通じて社会の発展と人々の生活の向上に

irootsとは

※iroots searchは、irootsが提供するサービスです

掲載企業はirootsとは一切関連がございませんので、ご注意ください

iroots(アイルーツ)は、あなたの意思をカタチにするファーストキャリア支援サービスです
※本サイトに掲載している企業は、iroots利用企業とは一切関連がございませんのでご注意ください。また、掲載情報は、各企業のコーポレートサイト等広く一般的に周知がなされている事項に加え、就活生から得た情報を元に、当社学生ライターが中心に独自にコンテンツ化したものです。
内容については細心の注意を払っておりますが、ご利用に際しては、閲覧者各人の責任のもとにこれをご活用いただけますようお願い申し上げます。
あなたへのオススメ企業
タイトルイメージ
お気に入り

メーカー

【企業研究】豊田自動織機の会社概要・競合他社・年収・選考情報まとめ
トヨタ自動車の源流であり自動車用製品で有名な豊田自動織機。初任給や平均年収などの基本情報をはじめ、自動車部品業界でのシェアや競合との比較、選考フローや過去のES・面接などの採用情報をまとめた企業研究記事です。ESや面接への対策ポイントを徹底的に解説します!
タイトルイメージ
お気に入り

メーカー

【企業研究】島津製作所の会社概要・競合他社・選考情報まとめ
研究を支える分析計測機器で有名な株式会社島津製作所。初任給や平均年収などの基本情報をはじめ、精密機器業界でのシェアや競合との比較、選考フローや過去のES・面接などの採用情報をまとめた企業研究記事です。ESや面接への対策ポイントを徹底的に解説します!
タイトルイメージ
お気に入り

メーカー

株式会社キーエンス
利益率が高く高給企業で有名なキーエンス。初任給や平均年収などの基本情報をはじめ、電気機器業界でのシェアや競合との比較、選考フローや過去のES・面接などの採用情報をまとめた企業研究記事です。ESや面接への対策ポイントを徹底的に解説します!
タイトルイメージ
お気に入り

ソフトウェア・情報処理

株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
世界170都市以上に展開するグローバル企業、エヌ・ティ・ティ・データ。初任給や平均年収などの基本情報をはじめ、IT業界でのシェアや競合との比較、選考フローや過去のES・面接などの採用情報をまとめた企業研究記事です。ESや面接への対策ポイントを徹底的に解説します!
タイトルイメージ
お気に入り

{{article.title_chip}}

人気記事

NEW

{{article.title_ls|limitTo:30}}...
{{article.description|limitTo:50}}...
あなたへのオススメ業界
タイトルイメージ
お気に入り

メーカー

電機・電子部品・半導体業界の概要・職種・魅力・動向 | 業界研究記事
電機・電子部品・半導体業界に興味を持つ方必見の業界研究記事。事業内容や業界特有の職種などの業界概要をはじめ、やりがいや魅力、業界動向などについて解説します。。業界理解を深めて、内定を勝ち取りましょう!
タイトルイメージ
お気に入り

ソフトウェア・情報処理

インターネット・通信業界の概要・職種・魅力・動向 | 業界研究記事
インターネット・通信業界に興味を持つ方必見の業界研究記事。事業内容や業界特有の職種などの業界概要をはじめ、やりがいや魅力、業界動向などについて解説します。。業界理解を深めて、内定を勝ち取りましょう!
タイトルイメージ
お気に入り

メーカー

機械業界の概要・職種・魅力・動向 | 業界研究記事
機械業界に興味を持つ方必見の業界研究記事。事業内容や業界特有の職種などの業界概要をはじめ、やりがいや魅力、業界動向などについて解説します。「業界ランキング」では、業界規模が10位、高収益が38位、総資産額が15位、経常利益が8位、労働者数が4位、勤続年数が36位、平均年収が49位と、ほぼすべてにおいてランクインしており、もの作りの面白さを実感できる、やりがいのある業界です。業界理解を深めて、内定を勝ち取りましょう!
タイトルイメージ
お気に入り

メーカー

自動車業界を目指す就活生なら「押さえておくべき」最低限の知識│就活研究記事
学生からの注目度が高い業界のひとつ、自動車業界について解説していきます。環境規制が強化される中、IT関連をはじめとした様々な業種・規模の会社が市場に参入してくるなど、次世代の自動車市場に向けた競争が激化する大きな変革期にあります。業界の現状や話題の自動運転技術、世界トップクラスのインターンなど就活に役立つ役立つ情報をご紹介。
タイトルイメージ
お気に入り

{{article.title_chip}}

人気記事

NEW

{{article.title_ls|limitTo:30}}...
{{article.description|limitTo:50}}...
  • {{college.name}}

{{my.name}}

{{my.college_name}}

気になる登録数:{{my.bookmark_num}}記事

よく見ている業界:{{my.industry_name}}

よく見ている職種:{{my.job_name}}

>>パスワードを忘れた方はこちら

アカウントをお持ちでない方

irootsに登録すると全ての記事を
読むことができます。
※iroots searchはirootsが提供するサービスです。
掲載企業はirootsとは一切関連がございませんので、
ご注意ください。

iroots(アイルーツ)は、あなたの意思をカタチにするファーストキャリア支援サービスです

登録する
ログイン

※iroots searchは、irootsが提供するサービスです

掲載企業はirootsとは一切関連がございませんので、

ご注意ください