「頑張ったこと」を聞く本当の理由、知っていますか?
コラム

選考対策

2015年08月06日更新
タイトルイメージ

「頑張ったこと」を聞く本当の理由、知っていますか?

気になるを解除

気になる

気になるを解除

シェアする

はじめに

ESでも多く出題され、面接に至ってはほぼ必ず聞かれると言っても過言ではない「頑張ったことはなんですか?」という質問。

それを聞かれる度に多くの学生はできるだけ自分を大きく見せようと奮闘するわけですが、実は面接官はそんなこと求めていないんだとか。
ボランティアで世界を股にかけた学生とテニサーで青春を送っていた学生がバトルして、テニサー側に軍配が上がることだって当たり前のようにあるということです。

今回はまず、企業が「頑張ったこと」を聞くことで何を知ろうとしているのかをご紹介。それを知った上で対策をすれば、きっと面接官の心に響くエピソードが話せるようになるはず。ではさっそく見てみましょう。

企業が「頑張ったこと」から知りたいこと

なぜこうも多くの企業が「頑張ったこと」を聞くのでしょうか。何を知りたくて聞くのでしょうか。
企業が「頑張ったこと」のエピソードから知りたいこと、それはずばり「どんなモチベーションで、どれだけ頑張れるのか」です。

企業に勤めてからは、学生時代とはまた違った環境で難しい課題に取り組んでいくわけです。
お給料を払って働いてもらうからには、その課題をきちんと乗り越えていける人材でなければいけません。
なので面接では、「こいつウチに入ってからもちゃんと頑張れるかな?」という部分を見ているそうなんです。

ですから、私達が伝えるべきことは、「どんなことに対して、どういったモチベーションで、どれだけ頑張れたか」です。更に言えば、「だから御社でもこれだけ頑張れます」というメッセージを裏に含ませます。

多くの学生が陥ってしまう「これだけ大きなお金を動かしました!」「これだけの人に感謝されました!」なんていう結果実績のアピールは求めていません。
新卒採用はポテンシャル採用です。たかだか学生のやれることの結果は、さほど面接官も見ていないんです。

「どれだけ頑張れるか」これを伝えて欲しくて、「頑張ったことはなんですか?」という質問をしているというわけです。

「どれだけ頑張れるか」のアピール方法

それでは、その「どれだけ頑張れるか」はどのようにアピールすればいいのでしょうか。
ここでは3つのポイントをご紹介したいと思います。

1 どうして頑張れたのかを話す
2 どのように戦略目標を立てて行動したかを話す
3 前後でどのような変化があったのかを話す

1 の「どうして頑張れたのか」、については分かりやすいですよね。
何か外発的なきっかけがあったとしても、頑張れたからには何かしら理由があったからです。「先輩の期待に応えたかったから」「お客さんに喜んでもらえるのが嬉しかったから」「新しいことができるようになるのが楽しかったから」などなど...
あなたはどんなモチベーションで、頑張れたのでしょうか?そのモチベーションは、受ける会社とマッチしているでしょうか?
マッチしていれば、きっとその会社の面接官の心に響くはずです。

2 の「どのように戦略や目標を立てて行動したかを話す」、というのは、あなたの課題に対する取り組み方を見たいということです。
もちろんがむしゃらに頑張ってきたよ!という方もいるでしょうが、きっとその中でも何かしらの問題にぶつかった時は、どうやって克服しようかと考えたり、仮説を立てて行動したりしたことがあるはずです。
あなたは決して楽ではない峠を、どうやって乗り越えてきたのでしょうか?
その乗り越え方は、ある程度再現性のあるものです。今後あなたが課題にどう取り組むのかを予測する一つの指針として、企業も参考にするそうです。

3 の「前後でどのような変化があったのか」では、あなたという人がどのような人なのかを知る指標になっています。
同じような経験をしていても、人それぞれ感じること、考えることは違うはず。その内容によって、「自分の成長を求められる人なんだな」「人と働く楽しさを知っている人なんだな」などとあなたのパーソナルな部分を知ってもらうことができます。
あなたは自分をどんな人間だとアピールしたいですか?そのエピソードでは、そんなあなたが表現できていますか?
ここは、自己分析が非常に重要になります。なりたい自分ではなく、今現在の自分をしっかりと見つめてみましょう。

失敗のエピソードは成功への近道

いかがでしたか? 少し長くなってしまいましたが、誰もが直面する「頑張ったことは何ですか」への向き合い方をご紹介しました。 企業は結果

irootsとは

※iroots searchは、irootsが提供するサービスです

掲載企業はirootsとは一切関連がございませんので、ご注意ください

iroots(アイルーツ)は、あなたの意思をカタチにするファーストキャリア支援サービスです
--
※本サイトに掲載している企業は、iroots利用企業とは一切関連がございませんのでご注意ください。また、掲載情報は、各企業のコーポレートサイト等広く一般的に周知がなされている事項に加え、就活生から得た情報を元に、当社学生ライターが中心に独自にコンテンツ化したものです。
内容については細心の注意を払っておりますが、ご利用に際しては、閲覧者各人の責任のもとにこれをご活用いただけますようお願い申し上げます。
あなたへのオススメ企業
タイトルイメージ
お気に入り

サービス・インフラ

株式会社オリエンタルランド
継続投資でシェアを維持するオリエンタルランド。初任給や平均年収などの基本情報をはじめ、テーマパーク業界でのシェアや競合との比較、選考フローや過去のES・面接などの採用情報をまとめた企業研究記事です。ESや面接への対策ポイントを徹底的に解説します!
タイトルイメージ
お気に入り

金融

東京海上日動火災保険株式会社
国内での圧倒的ブランド力を武器に、米国の損保企業の買収等海外戦略も行う東京海上日動火災保険。初任給や平均年収などの基本情報をはじめ損害保険業界でのシェアや競合との比較、選考フローや過去のES・面接などの採用情報をまとめた企業研究記事です。
タイトルイメージ
お気に入り

サービス・インフラ

【企業研究】プランドゥシーの会社概要・競合他社・採用情報まとめ
「日本のおもてなし文化を世界に広めること」を目的に、幅広い事業を展開するプランドゥシー。初任給や平均年収などの基本情報をはじめホテル業界でのシェアや競合との比較、選考フローや過去のES・面接などの採用情報をまとめた企業研究記事です。プランドゥシーの 平均年収は未公開ですが、初任給は総合職で26万円です。競合他社としては星野リゾートが挙げられます。Plan・Do・Seeの事業は、「日本のおもてなし文化を世界に広めること」を目的にしており、ホテル運営・プロデュース、レストラン&バー 企画運営、オリジナルウェディング・ブライダル 企画プロデュース、事業コンサルティングと幅広い事業を展開しています。
タイトルイメージ
お気に入り

サービス・インフラ

東日本旅客鉄道株式会社
2020年の東京オリンピックに向け、日本が誇る技術力、おもてなしを見せるJR東日本。初任給や平均年収などの基本情報をはじめ鉄道業界でのシェアや競合との比較、選考フローや過去のES・面接などの採用情報をまとめた企業研究記事です。
タイトルイメージ
お気に入り

{{article.title_chip}}

人気記事

NEW

{{article.title_ls|limitTo:30}}...
{{article.description|limitTo:50}}...
あなたへのオススメ業界
タイトルイメージ
お気に入り

メーカー

化粧品・生活用品業界の概要・職種・魅力・動向 | 業界研究記事
化粧品・生活用品業界に興味を持つ方必見の業界研究記事。事業内容や業界特有の職種などの業界概要をはじめ、やりがいや魅力、業界動向などについて解説します。。業界理解を深めて、内定を勝ち取りましょう!
タイトルイメージ
お気に入り

営業職

営業職(法人向け新規開拓営業)業界の概要・職種・魅力・動向 | 業界研究記事
営業職(法人向け新規開拓営業)に興味を持つ方必見の職種研究記事。企業の営業部に属して、別の企業に自社の商品やサービスを利用・購入してもらえるように活動するのが法人向け新規開拓営業です。まず営業対象の企業情報を調査・収集した上で、電話で担当者にアポイントを取る場合と、最初から直接訪問する場合があります。アポイントをとった場合は、予定日時に直接先方に出向いて担当者と面会し、商品や無形のサービスなどの紹介・プレゼンテーションを行います。業務内容や活躍できる業界に加え、働く人々が感じているやりがいや求められるスキルについて解説します。具体的な仕事のイメージを持ちましょう!
タイトルイメージ
お気に入り

WEB職

WEB職(プロデューサー)業界の概要・職種・魅力・動向 | 業界研究記事
WEB職(プロデューサー)に興味を持つ方必見の職種研究記事。WEBのプロデューサーとは、自分自身が担当するWEBサイトを企画から制作などを行い、その後の運営までを行う仕事のことを言います。WEBならではのルーティン業務があり、WEBがきちんと機能しているかなどのチェックを行うなど、日々コツコツと作業を行う面もあります。業務内容や活躍できる業界に加え、働く人々が感じているやりがいや求められるスキルについて解説します。具体的な仕事のイメージを持ちましょう!
タイトルイメージ
お気に入り

サービス・インフラ

旅行業界の「これだけは押さえておくべき」最低限の知識│就活研究記事
旅行・ホテル業界に興味を持つ方必見の業界研究記事。事業内容や業界特有の職種などの業界概要をはじめ、やりがいや魅力、業界動向などについて解説します。。業界理解を深めて、内定を勝ち取りましょう!
タイトルイメージ
お気に入り

{{article.title_chip}}

人気記事

NEW

{{article.title_ls|limitTo:30}}...
{{article.description|limitTo:50}}...
  • {{college.name}}

{{my.name}}

{{my.college_name}}

気になる登録数:{{my.bookmark_num}}記事

よく見ている業界:{{my.industry_name}}

よく見ている職種:{{my.job_name}}

  • お知らせ
  • {{my.badge}}

  • メニュー

{{announce}}

>>パスワードを忘れた方はこちら

アカウントをお持ちでない方

irootsに登録すると全ての記事を
読むことができます。
※iroots searchはirootsが提供するサービスです。
掲載企業はirootsとは一切関連がございませんので、
ご注意ください。

iroots(アイルーツ)は、あなたの意思をカタチにするファーストキャリア支援サービスです

登録する
ログイン

※iroots searchは、irootsが提供するサービスです

掲載企業はirootsとは一切関連がございませんので、

ご注意ください