複数内定が出たらどこに行きますか?という質問の答え方
コラム

ノウハウ・読み物

2015年08月06日更新
タイトルイメージ

複数内定が出たらどこに行きますか?という質問の答え方

気になるを解除

気になる

気になるを解除

シェアする

はじめに

複数のステップを経て、ついに迎えた面接。
志望動機や頑張ったことについての質問の他に、「複数内定が出たらどこに行きますか?」という質問をされることがあります。

良く言われている攻略法が、とりあえず第一志望だと言っておけ!というもの。
しかし本当にそれは良いことなのでしょうか。それで自身も企業も納得することができるのでしょうか。

今回はその質問の意図を再確認しながら、どのように答えるべきなのかの対策方法をご紹介致します。

複数内定したらどうする?という質問の意図

企業がこのような質問をして聞きたいことは、二つあります。

(1)内定を出した場合自社に来てくれるのかどうか。
(2)就職活動のは何で、それに合った選択ができているのか。

この二つを聞きたくて、企業はこのような質問をしているそうです。

(1)に関しては、企業も採用の目標人数がある程度決まっているので、その調整をしなくてはなりません。
どんなに優秀でも、自社に来てくれなければ「採用」という活動においては意味が無いのです。

(2)に関しては、学生の判断能力思考力を見ています。
志望動機と照らし合わせ、その動機に合った軸で就職活動ができているのか、その上で受けている業界や企業はそれに当てはまっているのか、を確認しているのです。

どのように答えるのがベストなのか

では質問の意図が分かったところで、どのように答えるべきなのかを考えてみましょう。
もちろん最善は、全て正直に話すことです。

こういう理由で、御社とB社で迷っています」
こういった考えで、御社が第一志望です」

そうすることで、内定後も信頼関係を継続できますし、中には決断のために相談に乗ってくれる企業もあります。

しかしもちろん、第一志望だと言った人しか採用しない、という企業も中にはあるでしょう。
その場合は、その答えが嘘であるなら、嘘をついてでも内定が欲しいのか。などと目的を振り返って納得した上でそのように答えましょう。

しかしただ「第一志望です」と言うだけでは何も意味がありません。
きちんと理由や思考を述べた上で話さなければ、企業はそれが事実かどうかを判断できませんし、そこまで考える能力がないと思われてしまいます。

これは、「うちが内定を出したら就職活動を辞めますか?(他社の内定を辞退しますか?)」などの質問に対しても同じです。

しっかりその理由が言えて、それが納得できるものであれば、志望順位に関わらず選考を進めてくれる企業もあります。

事前準備が大切

いかがでしたか? とりあえずは第一志望だと言って内定を貰い、あとから入社するかを考えればいいという意見もありますし、考え方は人それぞ

irootsとは

※iroots searchは、irootsが提供するサービスです

掲載企業はirootsとは一切関連がございませんので、ご注意ください

iroots(アイルーツ)は、あなたの意思をカタチにするファーストキャリア支援サービスです
--
※本サイトに掲載している企業は、iroots利用企業とは一切関連がございませんのでご注意ください。また、掲載情報は、各企業のコーポレートサイト等広く一般的に周知がなされている事項に加え、就活生から得た情報を元に、当社学生ライターが中心に独自にコンテンツ化したものです。
内容については細心の注意を払っておりますが、ご利用に際しては、閲覧者各人の責任のもとにこれをご活用いただけますようお願い申し上げます。
あなたへのオススメ企業
タイトルイメージ
お気に入り

サービス・インフラ

東日本旅客鉄道株式会社
2020年の東京オリンピックに向け、日本が誇る技術力、おもてなしを見せるJR東日本。初任給や平均年収などの基本情報をはじめ鉄道業界でのシェアや競合との比較、選考フローや過去のES・面接などの採用情報をまとめた企業研究記事です。
タイトルイメージ
お気に入り

メーカー

プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社
世界中の顧客の信頼に応えて、より優れた品質と価値をもつ製品とサービスを提供するP&G Japan。初任給や平均年収などの基本情報をはじめ、家庭用品業界でのシェアや競合との比較、選考フローや過去のES・面接などの採用情報をまとめた企業研究記事です。
タイトルイメージ
お気に入り

金融

日本生命保険相互会社
業界のリーディングカンパニーとして、相互扶助の精神に基づき挑戦を続ける日本生命保険。初任給や平均年収などの基本情報をはじめ、生命保険業界でのシェアや競合との比較、選考フローや過去のES・面接などの採用情報をまとめた企業研究記事です。
タイトルイメージ
お気に入り

サービス・インフラ

株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント
徹底的に個性の豊かさと好奇心重んじる風土で人気のソニー・ミュージックエンタテイメント。初任給や平均年収などの基本情報をはじめ、音楽業界でのシェアや競合との比較、選考フローや過去のES・面接などの採用情報をまとめた企業研究記事です。
タイトルイメージ
お気に入り

{{article.title_chip}}

人気記事

NEW

{{article.title_ls|limitTo:30}}...
{{article.description|limitTo:50}}...
あなたへのオススメ業界
タイトルイメージ
お気に入り

営業職

営業職(法人向け新規開拓営業)業界の概要・職種・魅力・動向 | 業界研究記事
営業職(法人向け新規開拓営業)に興味を持つ方必見の職種研究記事。企業の営業部に属して、別の企業に自社の商品やサービスを利用・購入してもらえるように活動するのが法人向け新規開拓営業です。まず営業対象の企業情報を調査・収集した上で、電話で担当者にアポイントを取る場合と、最初から直接訪問する場合があります。アポイントをとった場合は、予定日時に直接先方に出向いて担当者と面会し、商品や無形のサービスなどの紹介・プレゼンテーションを行います。業務内容や活躍できる業界に加え、働く人々が感じているやりがいや求められるスキルについて解説します。具体的な仕事のイメージを持ちましょう!
タイトルイメージ
お気に入り

WEB職

WEB職(プロデューサー)業界の概要・職種・魅力・動向 | 業界研究記事
WEB職(プロデューサー)に興味を持つ方必見の職種研究記事。WEBのプロデューサーとは、自分自身が担当するWEBサイトを企画から制作などを行い、その後の運営までを行う仕事のことを言います。WEBならではのルーティン業務があり、WEBがきちんと機能しているかなどのチェックを行うなど、日々コツコツと作業を行う面もあります。業務内容や活躍できる業界に加え、働く人々が感じているやりがいや求められるスキルについて解説します。具体的な仕事のイメージを持ちましょう!
タイトルイメージ
お気に入り

サービス・インフラ

旅行業界の「これだけは押さえておくべき」最低限の知識│就活研究記事
旅行・ホテル業界に興味を持つ方必見の業界研究記事。事業内容や業界特有の職種などの業界概要をはじめ、やりがいや魅力、業界動向などについて解説します。。業界理解を深めて、内定を勝ち取りましょう!
タイトルイメージ
お気に入り

金融

銀行業界の概要・職種・魅力・動向 | 業界研究記事
銀行業界に興味を持つ方必見の業界研究記事。事業内容や業界特有の職種などの業界概要をはじめ、やりがいや魅力、業界動向などについて解説します。。業界理解を深めて、内定を勝ち取りましょう!
タイトルイメージ
お気に入り

{{article.title_chip}}

人気記事

NEW

{{article.title_ls|limitTo:30}}...
{{article.description|limitTo:50}}...
  • {{college.name}}

{{my.name}}

{{my.college_name}}

気になる登録数:{{my.bookmark_num}}記事

よく見ている業界:{{my.industry_name}}

よく見ている職種:{{my.job_name}}

  • お知らせ
  • {{my.badge}}

  • メニュー

{{announce}}

>>パスワードを忘れた方はこちら

アカウントをお持ちでない方

irootsに登録すると全ての記事を
読むことができます。
※iroots searchはirootsが提供するサービスです。
掲載企業はirootsとは一切関連がございませんので、
ご注意ください。

iroots(アイルーツ)は、あなたの意思をカタチにするファーストキャリア支援サービスです

登録する
ログイン

※iroots searchは、irootsが提供するサービスです

掲載企業はirootsとは一切関連がございませんので、

ご注意ください