複数内定が出た!入社先を決めるための3つの視点
コラム

ノウハウ・読み物

2015年08月06日更新
タイトルイメージ

複数内定が出た!入社先を決めるための3つの視点

気になるを解除

気になる

気になるを解除

シェアする

はじめに

内定が出るまでは内定をとることに精一杯になるものの、いざ内定をもらうと「本当にこのまま決めていいのか」と悩むことがあります。
縁あって、複数社から内定をもらうことも出てきます。
その場合でも、入社できるのは1社のみ。ここからは決断のフェーズへと移ります。

もしかしたら、内定が出るまでよりも体力の要るプロセスになるかもしれません。
しかし最後までめげずに自分と向き合い、最も納得のいく決断をすることが、入社後の自分も変えることになります。

というわけで今回は、納得のいく決断をするために必要な3つの視点をご紹介致します。

自分にとっての優先順位を確認する

現在あなたは、複数の会社をどのような点で比較し、決めかねているのでしょうか。
仕事内容、待遇の良さ、勤務地、一緒に働く仲間たち...
様々な項目があると思いますが、大切なのは、それらの項目は果たして実際にあなたにとって重要な項目なのかという点です。

もしかしたら、内定先の名前を言うと賞賛してくれる人がいたり、待遇を羨ましがる人がいたりするかもしれません。
しかしそれがあなたにとって本当に重要であるのかは、今一度考えてみる必要があります。

仕事とは、人生の大部分を占める可能性が高く、これから睡眠時間よりも長く時間を費やす人も多いはず。
それだけ大変なことだから、生半可な気持ちでは頑張れない時がくるかもしれません。

自分はどの要素が満たされていることで頑張ることができるのか
それを今一度リストアップして、それぞれの会社を客観的に数値化してみましょう。

長期的視点から考える

上記のように自分に必要な要素をリストアップして数値化していると、どうしても目先のことや、現在分かっていることだけが挙がることになります。
しかし、もちろん生涯勤め上げるつもりのない人でも、これから数年はその会社で働いていくのです。

まだやりたいことがない人も、「その期間をどのように過ごして、どのような人になりたいのか」ということを考えることで、入社先を決めるひとつの決め手になる可能性があります。

10年後、20年後、どのような男性・女性になっていたいでしょうか。
どこでどのように過ごしているでしょうか。
逆に、どんな風にはなっていたくないでしょうか。

将来のことはもちろん誰にも分かりませんし、ここで予想を立てたところでその通りになることはありません。
しかし、ぼんやりとでも自分のゴールを見ようとすることで、その通過点を大まかに定めることができます。

これは私個人が先輩から教わった方法ですが、死ぬ時にどんな人として死にたいかということをイメージしてみるのもひとつの方法です。
立派な人だったと讃えられたいのか。もしそうならば、たくさんの人に讃えられたいのか、家族に讃えられればいいのか。讃えられなくてもいいから家族に囲まれていたいのか。家族とうまくやっていくには仕事とプライベートをどのように営んでいくのか...

人生の最後から逆算することで、思わぬ発見があるかもしれません。

一人で抱え込まず第三者に聞いてもらう

最後の決断というのは自分にしかできないことですし、これから入社するのも、他の内定先に謝罪をするのも自分です。 納得のいく決断のために

irootsとは

※iroots searchは、irootsが提供するサービスです

掲載企業はirootsとは一切関連がございませんので、ご注意ください

iroots(アイルーツ)は、あなたの意思をカタチにするファーストキャリア支援サービスです
--
※本サイトに掲載している企業は、iroots利用企業とは一切関連がございませんのでご注意ください。また、掲載情報は、各企業のコーポレートサイト等広く一般的に周知がなされている事項に加え、就活生から得た情報を元に、当社学生ライターが中心に独自にコンテンツ化したものです。
内容については細心の注意を払っておりますが、ご利用に際しては、閲覧者各人の責任のもとにこれをご活用いただけますようお願い申し上げます。
あなたへのオススメ企業
タイトルイメージ
お気に入り

サービス・インフラ

東京ガス株式会社
エネルギーフロンティア企業グループとして人々の生活を根幹から支える東京ガス。初任給や平均年収などの基本情報をはじめ、ガス業界でのシェアや競合との比較、選考フローや過去のES・面接などの採用情報をまとめた企業研究記事です。
タイトルイメージ
お気に入り

マスコミ

日本テレビ放送網株式会社
「日テレ」の呼び名で有名な日本テレビ放送網。初任給や平均年収などの基本情報をはじめ、テレビ業界でのシェアや競合との比較、選考フローや過去のES・面接などの採用情報をまとめた企業研究記事です。ESや面接への対策ポイントを徹底的に解説します!
タイトルイメージ
お気に入り

メーカー

プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン株式会社
世界中の顧客の信頼に応えて、より優れた品質と価値をもつ製品とサービスを提供するP&G Japan。初任給や平均年収などの基本情報をはじめ、家庭用品業界でのシェアや競合との比較、選考フローや過去のES・面接などの採用情報をまとめた企業研究記事です。
タイトルイメージ
お気に入り

金融

日本生命保険相互会社
業界のリーディングカンパニーとして、相互扶助の精神に基づき挑戦を続ける日本生命保険。初任給や平均年収などの基本情報をはじめ、生命保険業界でのシェアや競合との比較、選考フローや過去のES・面接などの採用情報をまとめた企業研究記事です。
タイトルイメージ
お気に入り

{{article.title_chip}}

人気記事

NEW

{{article.title_ls|limitTo:30}}...
{{article.description|limitTo:50}}...
あなたへのオススメ業界
タイトルイメージ
お気に入り

営業職

営業職(法人向け新規開拓営業)業界の概要・職種・魅力・動向 | 業界研究記事
営業職(法人向け新規開拓営業)に興味を持つ方必見の職種研究記事。企業の営業部に属して、別の企業に自社の商品やサービスを利用・購入してもらえるように活動するのが法人向け新規開拓営業です。まず営業対象の企業情報を調査・収集した上で、電話で担当者にアポイントを取る場合と、最初から直接訪問する場合があります。アポイントをとった場合は、予定日時に直接先方に出向いて担当者と面会し、商品や無形のサービスなどの紹介・プレゼンテーションを行います。業務内容や活躍できる業界に加え、働く人々が感じているやりがいや求められるスキルについて解説します。具体的な仕事のイメージを持ちましょう!
タイトルイメージ
お気に入り

WEB職

WEB職(プロデューサー)業界の概要・職種・魅力・動向 | 業界研究記事
WEB職(プロデューサー)に興味を持つ方必見の職種研究記事。WEBのプロデューサーとは、自分自身が担当するWEBサイトを企画から制作などを行い、その後の運営までを行う仕事のことを言います。WEBならではのルーティン業務があり、WEBがきちんと機能しているかなどのチェックを行うなど、日々コツコツと作業を行う面もあります。業務内容や活躍できる業界に加え、働く人々が感じているやりがいや求められるスキルについて解説します。具体的な仕事のイメージを持ちましょう!
タイトルイメージ
お気に入り

サービス・インフラ

旅行業界の「これだけは押さえておくべき」最低限の知識│就活研究記事
旅行・ホテル業界に興味を持つ方必見の業界研究記事。事業内容や業界特有の職種などの業界概要をはじめ、やりがいや魅力、業界動向などについて解説します。。業界理解を深めて、内定を勝ち取りましょう!
タイトルイメージ
お気に入り

金融

銀行業界の概要・職種・魅力・動向 | 業界研究記事
銀行業界に興味を持つ方必見の業界研究記事。事業内容や業界特有の職種などの業界概要をはじめ、やりがいや魅力、業界動向などについて解説します。。業界理解を深めて、内定を勝ち取りましょう!
タイトルイメージ
お気に入り

{{article.title_chip}}

人気記事

NEW

{{article.title_ls|limitTo:30}}...
{{article.description|limitTo:50}}...
  • {{college.name}}

{{my.name}}

{{my.college_name}}

気になる登録数:{{my.bookmark_num}}記事

よく見ている業界:{{my.industry_name}}

よく見ている職種:{{my.job_name}}

  • お知らせ
  • {{my.badge}}

  • メニュー

{{announce}}

>>パスワードを忘れた方はこちら

アカウントをお持ちでない方

irootsに登録すると全ての記事を
読むことができます。
※iroots searchはirootsが提供するサービスです。
掲載企業はirootsとは一切関連がございませんので、
ご注意ください。

iroots(アイルーツ)は、あなたの意思をカタチにするファーストキャリア支援サービスです

登録する
ログイン

※iroots searchは、irootsが提供するサービスです

掲載企業はirootsとは一切関連がございませんので、

ご注意ください