サントリーグループの企業研究
企業

メーカー

2016年08月20日更新
タイトルイメージ

サントリーグループの企業研究

気になるを解除

気になる

気になるを解除

シェアする

はじめに

今回ご紹介するのは、洋酒・ビール・清涼飲料水の製造・販売大手のサントリーグループ(サントリーホールディングス・サントリー食品インターナショナル)

この記事を読んでいる方の中には、サントリーグループへの就職を目指している学生もいらっしゃるかもしれません。
面接で問われた時に、「なぜこの会社なのか?」をしっかりと語れるように、この記事では、以下の3つの項目から企業研究を行っていきます。

(1)会社概要 (2)「企業」を知る (3)「採用情報」を知る

他のライバルとの差を付けるためにも、この記事を読んでしっかりと企業研究をしていきましょう。

会社概要(平成28年7月11日現在)

商号サントリーホールディングス株式会社
(Suntory Holdings Limited)
発足平成21年2月16日
代表者代表取締役社長 佐治 信忠
従業員数42,081人(グループ連結、平成27年12月31日現在)
本社大阪府大阪市北区堂島浜2-1-40
売上高2,686,876百万円(グループ連結、平成27年12月期、前年比9.4%増)
一人当たり売上高およそ63百万円(グループ連結、平成27年12月期)
営業利益185,094百万円(グループ連結、平成25年12月期、前年比12.3%増)
初任給大卒月給22万6000円(平成27年4月実績)
平均年収990万円(平成24年12月31日実績)
商号サントリー食品インターナショナル株式会社
(Suntory Beverage & Food Limited)
発足平成21年4月1日
代表者代表取締役社長 鳥井 信宏
従業員数34,129人(グループ連結、平成24年12月31日現在)
本社東京都中央区京橋三丁目1-1 東京スクエアガーデン9・10階
売上高2,040,204百万円(グループ連結、平成25年12月期、前年比10%増)
一人当たり売上高およそ59百万円(グループ連結、平成25年12月期)
営業利益126,558百万円(グループ連結、平成25年12月期)
初任給大卒月給22万4000円(平成25年4月実績)
平均年収1032万円(平成26年12月実績)

「企業」を知る。志望理由でライバルとの差を付けよう!

ここでは、サントリーグループの経営理念や同じ飲料・食品メーカー業界に属する競合会社との比較、最近のニュースなどを通して、「数ある飲料・食品会社の中で、なぜサントリーグループなのか?」という質問への対策を考えましょう。 

サントリーグループについて深く知るために、まずはサントリーグループの経営理念を確認しましょう。そこからサントリーグループが求める人材が見えてくるはずです。企業が求める人材を知ることで、あなたが何をアピールすべきかが分かります。

サントリーグループの企業理念は以下の通り。
『人と自然と響きあう。この言葉は「世界の人々、人々を取り巻く様々な自然環境と響きあいながら、人々のニーズにもとづいた生活文化の豊かな発展と、その存続基盤である地球環境の健全な維持をめざして企業活動に邁進し、真に豊かな社会の実現に貢献する」という私たちサントリーグループの存在理由ならびに到達目標を表しています。私たちサントリーグループは、この企業理念のもと、よき企業市民として最高の品質をめざした商品やサービスをお届けし、世界の生活文化の発展に貢献していきます。』(サントリーグループ 企業理念ページより引用)

ここから分かるポイントは、最高の品質をめざした商品やサービスを届けるための「チャレンジ精神」、そして世界の生活文化の発展に貢献する「社会との共生」、地球環境の健全な維持を目指した「自然との共生」という3点です。
では、3点について詳しく見ていきましょう。「チャレンジ精神」では、ウイスキーをはじめとする日本の洋酒文化を切り拓いた創業者の思いを受け継いだ「やってみなはれ」という言葉が社内に根付いており、フロンティア精神が求められています。「社会との共生」では、「利益三分主義」という考え方に基づき、サントリーグループの事業拡大だけでなく、取引先や社会への還元をしながら、三者の成長を共に目指す姿勢が必要です。「自然との共生」では、自然の恵みに敬意と感謝をしながら環境経営を推進していく必要があります。

ですから、経営理念に共感した上で、みなさんがアピールすべきなのは以下の4点です。
1.「やってみなはれ」という創業者の考え方への共感と、サントリーグループを通して挑戦してみたいこと
2.フロンティア精神で新たな価値を創出した経験
3.「利益三分主義」の考えに基づいて、他者に利益を還元しながら共に成長した経験
4.自然環境を守るために、日々心がけていること


次に、飲料・食品業界の中でサントリーグループと競合会社とを比較してみましょう。
競合会社と言えば、キリングループがあげられます。経営統合に向けて交渉を続けていたものの、2010年に破綻した両社。その違いを見ていきましょう。

まずは、平成27年12月期の財務状況を比較してみましょう。キリンホールディングス連結売上高は2,196,925百万円、サントリーグループ連結売上高は2,686,765百万円、営業利益では、キリンホールディングス連結は125,000百万円、サントリーグループ連結は185,094百万円と、いずれもキリンホールディングスが若干上回っています。
キリンホールディングスは株式上場しており、プロパー社員が取締役として活躍しているいわば「サラリーマン経営」ですが、サントリーホールディングスは創業家による「オーナー経営」となっています。こうした違いは海外展開の手法にも反映されています。キリンホールディングスは、現地ローカル企業へのM&Aを中心としており、「キリン」ブランドを使った展開では遅れをとっています。
一方、サントリーグループは創業家がコミットし、現地のマネジメントや事業パートナーと個人的な信頼関係を強化したことにより、中国でのビール事業を自力で成功させるなど、海外事業の現地化に成功しています。


また、近年の業界トレンドも見ておきましょう。
日本の飲料・食品業界はグローバル市場と比較すると全体的に規模が小さく、特に海外展開で苦戦している状況があります。
一方、グローバル市場では、ビールの世界首位を誇るインベブ(ベルギー)が米アンハイザー・ブッシュを買収し、3位のカールスバーグ(デンマーク)も4位のハイネケン(オランダ)と提携関係を締結するなど、企業買収や経営統合が相次いでおり、いずれも売上高は数兆円規模となっています。
国内での飲料需要は少子化の影響もあって鈍化傾向にあり、近年ではプライベートブランド商品の台頭によって、収益性も悪化していますが、健康意識の向上によってトクホや野菜系飲料の売り上げは伸びており、こうした商品に活路を見出すことも必要でしょう。
こうした中、サントリーグループがペプシコーラとの合併会社をベトナムに設立、また、キリンホールディングスもエースコックベトナムと提携するなど、海外メーカーとの提携によって事業を拡大する動きも見られます。

「採用情報」を知る。過去の選考をチェックしよう!

v> ここまでサントリーグループについての様々な情報を見て

irootsとは

※iroots searchは、irootsが提供するサービスです

掲載企業はirootsとは一切関連がございませんので、ご注意ください

iroots(アイルーツ)は、あなたの意思をカタチにするファーストキャリア支援サービスです
・2015年度卒 新卒就職人気企業ランキング - みん就(みんなの就職活動日記)
・<連結>財務ハイライト 財務情報 サントリー企業情報
・企業概要 サントリー企業情報
・サントリーホールディングス 年収:1032万円-年収ラボ
・企業概要 | 企業情報 | サントリー食品インターナショナル
・サントリー食品インターナショナル 年収(30歳時平均年収によるランキング)
・グループ企業理念 サントリー企業情報
・募集要項と採用データ | 2015年度新卒採用情報 | サントリー食品インターナショナル
・新卒採用情報 サントリー採用情報
・キリンホールディングス_企業情報_会社概要
・キリンホールディングス(株)【2503】:連結決算推移 - Yahoo!ファイナンス
・サントリー - Wikipedia
・キリン・サントリーの統合交渉破談に見る『変われない日本的経営』の本質(マーケティングの泉) | GLOBIS.JP
・採用スケジュール 新卒採用情報 サントリー採用情報
・サントリーホールディングスの内定者による選考情報 - みん就(みんなの就職活動日記)
・サントリーホールディングスの内定者による選考情報 - みん就(みんなの就職活動日記)
・清涼飲料業界の現状、動向、シェアなど-業界動向サーチ ・飲料メーカーのシェアTOP10と飲料業界の今後の課題-キャリアパーク!就活,https://careerpark.jp/22202,2016.7.11DL.
※本サイトに掲載している企業は、iroots利用企業とは一切関連がございませんのでご注意ください。また、掲載情報は、各企業のコーポレートサイト等広く一般的に周知がなされている事項に加え、就活生から得た情報を元に、当社学生ライターが中心に独自にコンテンツ化したものです。
内容については細心の注意を払っておりますが、ご利用に際しては、閲覧者各人の責任のもとにこれをご活用いただけますようお願い申し上げます。
あなたへのオススメ企業
タイトルイメージ
お気に入り

メーカー

キリン株式会社
「日本をいちばん元気にする、飲料のリーディングカンパニーになる」というビジョンを掲げるキリン。初任給や平均年収などの基本情報をはじめ、飲料業界でのシェアや競合との比較、選考フローや過去のES・面接などの採用情報をまとめた企業研究記事です。
タイトルイメージ
お気に入り

メーカー

ユニリーバ・ジャパン株式会社
環境と暮らしを豊かにしビジネス規模を2倍にする事を目指すユニリーバ・ジャパン。初任給や平均年収などの基本情報をはじめ、家庭用消費財メーカー業界でのシェアや競合との比較、選考フローや過去のES・面接などの採用情報をまとめた企業研究記事です。
タイトルイメージ
お気に入り

メーカー

株式会社資生堂
基礎化粧品、メイクとも高評価の会社で、中国を筆頭にアジアやヨーロッパへ進出する資生堂。初任給や平均年収などの基本情報をはじめ製造業(化学)業界でのシェアや競合との比較、選考フローや過去のES・面接などの採用情報をまとめた企業研究記事です。
タイトルイメージ
お気に入り

メーカー

カゴメ株式会社
トマト加工食品において国内最大の企業であり、主力商品の「野菜生活」でおなじみのカゴメ。初任給や平均年収などの基本情報をはじめ、食品業界でのシェアや競合との比較、選考フローや過去のES・面接などの採用情報をまとめた企業研究記事です。
タイトルイメージ
お気に入り

{{article.title_chip}}

人気記事

NEW

{{article.title_ls|limitTo:30}}...
{{article.description|limitTo:50}}...
あなたへのオススメ業界
タイトルイメージ
お気に入り

サービス・インフラ

フードサービス
フードサービス業界に興味を持つ方必見の業界研究記事。事業内容や業界特有の職種などの業界概要をはじめ、やりがいや魅力、業界動向などについて解説します。。業界理解を深めて、内定を勝ち取りましょう!
タイトルイメージ
お気に入り

メーカー

化粧品・生活用品
化粧品・生活用品業界に興味を持つ方必見の業界研究記事。事業内容や業界特有の職種などの業界概要をはじめ、やりがいや魅力、業界動向などについて解説します。。業界理解を深めて、内定を勝ち取りましょう!
タイトルイメージ
お気に入り

{{article.title_chip}}

人気記事

NEW

{{article.title_ls|limitTo:30}}...
{{article.description|limitTo:50}}...
  • {{college.name}}

{{my.name}}

{{my.college_name}}

気になる登録数:{{my.bookmark_num}}記事

よく見ている業界:{{my.industry_name}}

よく見ている職種:{{my.job_name}}

  • お知らせ
  • {{my.badge}}

  • メニュー

{{announce}}

>>パスワードを忘れた方はこちら

アカウントをお持ちでない方

irootsに登録すると全ての記事を
読むことができます。
※iroots searchはirootsが提供するサービスです。
掲載企業はirootsとは一切関連がございませんので、
ご注意ください。

iroots(アイルーツ)は、あなたの意思をカタチにするファーストキャリア支援サービスです

登録する
ログイン

※iroots searchは、irootsが提供するサービスです

掲載企業はirootsとは一切関連がございませんので、

ご注意ください